Twitter
外部リンク
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki-ebara@tgikai.zaqrs.jp

P1160034_s

8月10日(金)は、群馬県高崎市を訪問し、空き家対策事業を研修しました。

高崎市は、平成18年に5町村と、平成21年に1町と合併し、人口約37万人の県内最大の都市となり、平成23年4月に中核市に移行しました。面積は、459.16㎢。

市内住宅戸数 約178,220戸、空き家戸数 約26,450戸内未管理空家 9,220戸。

未管理空家9,220戸を市職員が現地調査、特別措置法に基づく特定空家は無し。

高崎市空き家緊急総合対策事業を、平成26年6月から開始した

事業内容:

制度1:空き家管理(清掃・除草等)助成金  補助率1/2(上限20万円)

制度2:空き家解体助成金          補助率4/5(上限100万円)

    解体後税奨励金           解体翌年の固定資産税増額分を交付

制度3:空き家解体跡地管理(除草等)助成金 補助率1/2(上限20万円)   

制度4:地域サロン改修助成金        補助率2/3(上限500万円)

制度5:地域サロン家賃助成金        補助率4/5(上限月額5万円)

制度6:空き家活用促進改修助成金      補助率1/2(上限250万円)

制度7:定住促進空き家活用家賃助成金    補助率1/2(上限月額2万円)

    倉渕・榛名・吉井地域に限定

制度8:空き家事務所・店舗改修助成金    補助率1/2(上限500万円)

制度活用実績:26年度222件、27年度235件、28年度219件、29年度219件

制度の中、約7割が解体助成金が占める、年間2億円~1億円(全額市単独負担)。

平成3年開館の駅前にある市立美術館を見学させて頂きました。手塚治虫氏のマンガに

感銘して漫画家になった「萩尾望都」さんのSF原画展が開催されていました。

高崎市81

美術館77_s

コメントは受付けていません。