Twitter
外部リンク
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki-ebara@tgikai.zaqrs.jp

Archive for 2016年 10月

1.市民の情報源について

(1)官民共同事業の宝塚生活ガイドブックの発行時期――4年から2年サイクルへ

(2)いきいきガイドブックの編集――相談窓口の地域包括支援センターの活用記載 

2.がん対策の一環として

(1)国立がん研究センターによる10年生存率初集計と市立病院におけるがん治療

           の現状について  抗がん剤治療年間290人程度、生存率向上

乳がん80%、大腸がん70%、胃がん69%、肺がん33%、肝臓がん15%

全部位病期で58.2% 宝塚市内新たな発症数 年間約1400人 

(2)抗がん剤副作用の脱毛患者への医療用ウィッグ購入一部助成の創設

     山形県や鳥取県で助成制度あり、兵庫県初を目指して検討開始する 

3.雇用促進住宅の一括売却について

(1)国および独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」の方針について

(2)兵庫県及び宝塚市内の当該住宅の規模、現状について

   平成33年度中に廃止完了、民間譲渡の場合は10年間の定期借家契約とする

   宝塚市内は、山本宿舎住宅6棟150戸、入居者は107戸、 入札10月5日締切 

4.教育行政について

(1)米飯給食の自校炊飯実施状況について(小学校残4校 第一、長尾、仁川、売布)

(2)避難所としての調理室の活用についての見解

   地域防災計画の規程に基づき、調理員と地域の方協働で実施可能と初めて見解発表

 

5.宝塚市公共施設等総合管理計画に関連して

(1)市民からのパブコメ結果から、民間ノウハウ活用で適正コストの検討を行う

規程を策定する  今年度末までに規程整備する(基本設計時点適用)

 

(2)新庁舎・ひろば整備計画の問題点(NTN跡地)

今まで以上の渋滞と交通事故を引き起こす可能性のある管理道路計画

道路幅8mに拡幅、駐車場出入口分離、回転用地位置見直し、観光バスブース

 

(3)文化芸術施設・庭園整備計画の問題点(ガーデンフィールズ跡地)

手塚治虫記念館も毎年3千万円超の赤字収支の現状の上、

収入予測3千万円、支出予測1億円、毎年7千万円の赤字収支計画

 

  参考とした、金沢21世紀美術館視察より、友の会、企業団体の財政支援会員の募集

  名称・目的の議会報告、条例制定に時期が未だに定まっていないのは遺憾

  ソフトの弱さから単なる『ハコモノ行政』ならば、白紙撤回すべき。

 

 

富士市i

8月22~23日、静岡県富士市と東京都東久留米市に視察いきました。

22日午後、富士市議会訪問。

  • 議会モニターについて

任期2年間、定員は10人( 団体推薦5人、一般公募5人)。

モニターには謝礼を支給。現在3期目を実施中だが、元々の目的は議会傍聴者の増加策であったが、議会への提案で傍聴改革進んだ。

  • 議会事業評価について

議会基本条例に基づき、決算審査の充実と予算編成に生かすため、議会が指定した10事業に関して、議会として、事業評価シ-トに拡充~廃止まで5段階評価を実施している。審査手続きにより、決算特別委員会を常任委員会として設置。翌年の予算案提出時点において、当該事業に関する予算反映状況を示す資料提出が行われている。

  • 政策討論会について

  議員全員をもって構成する議題案件を会派代表者会に諮り決定する。

東久留米05

 

8月23日午後 東久留米市

  • 議会運営について

平成23年度および平成24年度一般会計予算審議当時の市長の施政方針と議会との関係。2年間に渡り、議会が予算を否決し続けた、大きな課題は。

  • 市長への辞職勧告決議

この間に、猛省を求める決議、辞職勧告決議合わせて8回の決議が可決された。当時の市長は、その後の市長選には出馬せず、新たな市長が選出された。

  • 財政状況その他

歴代市長の状況について説明があったが、保守系と革新系と交互に市長が選出。行財政改革に積極的に取り組み基金残高を増やすが、次の市長は改革に消極的で基金が減る、この繰返し。当日は、議長と議運委員長自ら話づらい事実を丁寧に説明頂きました。

伊藤バンザイ9321_n

定数増加を受けて、公明党として24年ぶりに兵庫選挙区に公認候補を擁立しました。

7月10日投開票の結果、公明党公認 伊藤たかえさんが、全国の支持者からの応援をいただき、542、090票獲得して第2位で、見事当選されました。

兵庫県の衆参国会議員には、女性が一人もいない、さらに、弁護士出身の国会議員も

いないという、兵庫県には無くてはならない大事な存在として、今後6年間、参議院

議員として、頑張っていただきたいと思います。

伊藤山口街頭05