Twitter
外部リンク
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki-ebara@tgikai.zaqrs.jp

Archive for 2014年 12月

宝塚市議会は定例会最終日の18日、宝塚歌劇団が今年100周年を迎えたのに合わせ、歌劇団の地元らしい街づくり推進を目的とする「歌劇のまち宝塚条例」を全会一致で可決した。同日付で公布・施行される。

宝塚市議会は今年3月、政策研究会を設置し、6月に条例案を策定した。しかしその後、既存の条例との調整に手間取り再検討。歌劇側の意見も参考にし、何とか100周年の年内成立にこぎ着けた

条例は議員提案で「宝塚歌劇により親しみを感じられるような環境を育んでいくことが大切」と明記。市が必要な施策を取ることや、市民が市の文化と歴史に誇りを持ち、魅力ある街づくりに取り組むことを努力義務として定めている。

歌劇団は、女性だけで構成され、大正3(1914)年4月に同市で初公演を行った

10426074_731770746898835_4424180976396694157_n

第47回衆議院総選挙は14日、投開票された。公明党は9小選挙区で完勝するとともに比例区でも26議席を獲得。現行選挙制度では最多となる35議席という大勝利の結果となった。自民党の291議席と合わせ、自民、公明両党で326議席と、衆院の3分の2超を維持した。

公明党は今回の選挙戦で、実感できる景気回復や地方創生、被災地復興、安心の社会保障の構築をやり抜き、消費税の軽減税率を実現すると訴えた。

献身的なご支援をいただいた党員、支持者ならびに創価学会員の皆さまに心から感謝を申し上げます。

わが党は、選挙戦を通して、企業収益や賃金引き上げを促す「経済の好循環」を確かなものにし、さらに景気回復の実感を地方や中小企業、家計にまで広げていく、また消費税10%引き上げ時には同時に家計の将来を支える軽減税率を導入することを強く訴えてまいりました。わが党に寄せられた有権者の皆さまのご期待におこたえするため、3000人の議員がチーム力とネットワークの力をさらに磨き上げ、お約束した政策の実現に全身全霊で取り組んでまいります。公明党に対し国民の皆さまのより一層のご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

 兵庫県本部では、兵庫2区赤羽 一嘉、兵庫8区中野 洋昌と比例近畿ブロック濱村 進の3名の衆議院議員が再選されました。