Twitter
外部リンク
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki5ebara@gmail.com

2月14日の市長からの平成26年度施政方針発表を受けて、代表質問、各常任委員会

予算特別委員会を開催し3月26日に定例市議会は終了いたしました。

公明党議員団の予算要望事項の内、新年度予算に計上されたものを紹介します

1.防災情報伝達事業(1790万円)

  昨年9月議会で提案したゲリラ豪雨や災害時の緊急情報伝達方法として、サイレン

  や屋外スピーカーを備えたデジタル防災行政無線整備のための、調査および実施設

 計予算

2.危機管理施設整備事業(315万円)

  危機対応の中枢拠点として、危機管理施設を整備するための基本設計委託料

3.高齢者交通運賃助成の見直し(8400万円)

  70歳以上を対象とした、バス運賃回数券助成に対象をタクシーも加える。

タクシーに  ついては500円券10枚配布を計画している(10月から)両方で5千円限度とする。

4.こども医療費の無料化拡大(4928万円拡充)

  平成26年7月から、こども医療費(小4から中3)の外来医療費の一部負担金が

無料となります。

5.待機児童対策:平成26年4月じあい保育園(120名)開園、平成27年4月仁

川団地内保育所開設、その他地域にも3箇所の保育所を誘致します。私立幼稚

園2園を認定こども園に移行する

6.市立病院に放射線治療装置及びMR装置の増設(3570万円)

  がん治療充実のため放射線治療装置を導入し、平成28年度から治療開始、検査予

約待ち(3~4週間)の解消に向けてMR装置の増設を行う。

7.新ごみ処理施設調査研究事業(940万円)

  次期ごみ処理施設建設に向けて、今後10年程度かけて検討し、建設を進める。

コメントは受付けていません。