Twitter
外部リンク
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki-ebara@tgikai.zaqrs.jp

Archive for 2013年 12月

12月13日(金)午後1時50分から、75分間一般質問を致しました。

その概要と、主な答弁について記載いたします。

1.消費税8%移行に伴う宝塚市の対応について

低所得者向け現金給付、児童手当1か月追加支給など

答:詳細が明確になり次第、手続きに取り組む。

2.2市1町消防広域化協議について

9月24日開催の協議会で宝塚市長より、広域協議会解散の提案が出され、広域事務組合については、断念する結論となった原因について質問した。

3.部長実行宣言について

青森県弘前市をモデルにした部長実行宣言を提案。

4.待機児童ゼロに向けて

認可保育所整備事業のみを実施する宝塚市に、待機児童ゼロは可能か。何故、神戸市のように小規模保育所等の施策を展開しないのか質問した。

5.市立病院の経営改革プランの進捗について

(1)平成25年度末の黒字化目標は達成されるのか

6.水道事業について

阪神水道企業団への参入について、小林浄水場と亀井浄水場の老朽化と建替えを検討する中で、新たな水源確保の必要性と財政的観点から検討した結果、阪神水道企業団からの受水の方が得策であるという結論に至った。

7.少子・高齢社会を迎える宝塚市の将来予測

(1)国立社会保障・人口問題研究所によると2060年(平成72年)には、日本の総人口が8674万人、高齢化率39.9%という推計値が発表されましたが、宝塚市の総人口はどう予測しているのか

答:2060年における宝塚市の推定値は、約169,000人と考えられる。

(2)各種の将来予測について(2060年)

ア 財政規模予測   約512億円程度と予測

イ 年齢別人口構成予測 年少人口9.6%、生産年齢51.4%、

高齢者38.9%

ウ 公共施設削減予測  今後検討

意見:以上の予測値から、年少人口は現在の33,000人から半減して

約16,000人となるので、今からの学校や保育所整備については充分検討

が必要である。さらに、佐渡市で実施しているような長期ビジョン(財政計画10年間)を検討すべきであると提案した。

12月2日に、市長に対して予算編成に関する

予算要望を行いました。内容は今後の少子高齢

化の流れ、人口減少の予測などを踏まえて、第

5次総合計画を実現すべく策定した「宝塚市行

財政運営に関する指針」を基にしたアクション

プランの確実な実行を求める政策的要望事項と

ともに、具体的な予算要望を行いました。

①    安心な庁舎環境整備のために警察官OBの配置

②    浸水・冠水対策としての雨水一時貯留施設の整備促進。

③    雨量計の新たな設置箇所の増加

④    屋外防災スピーカーの早期設置。

⑤    被災者支援システムの導入

⑥    コンビニへのAEDの設置を推進。など