Twitter
外部リンク
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki-ebara@tgikai.zaqrs.jp

Archive for 2013年 2月

2月8日(金)阪神市議会議長会定例会が午前11時より、宝塚文化創造館において開催されました。とても寒い日でありましたが、北は丹波市議会から尼崎市議会までの10市議会正副議長、事務局長で構成されている阪神市議会議長会定例会を、今回は宝塚市議会が当番としての開催です。

会長である丹波市議会奥村議長のあいさつの後、会務報告、平成25年度予算案について、阪神・兵庫県・全国の各種役員・委員就任についての協議を行い承認いたしました。

会議終了後、文化創造館2階の「すみれミュージアム」を見学していただき、昼食会場の中華レストラン龍坊にて意見交換、今歩いてきた阪急のガーデンフィールズ及び龍坊も本年末にて閉鎖されることを残念がる話などをし、時間のある議長方には手塚治虫記念館にも案内をいたしました。新年度会長は尼崎市に決定、次回定例会は4月に川西市において開催されます。

2月14日(木)兵庫県市議会議長会第240回総会が、午後2時より神戸市・相楽園会館において開催されました。現在兵庫県下には29市議会があります。

会長である宍粟市議会岡田議長の開会あいさつに続き、来賓として井戸敏三兵庫県知事よりあいさつがありました。2月4日に県議会臨時会で補正予算を可決いただきました。国の成長戦略に比べて兵庫県では税収など厳しい現状があり、国家公務員給与削減に対して県は大分以前より自主カットをしている、道州制など国会はもっと地方の声を真摯に聞いて欲しいと持論を展開しました。県議会副議長もあいさつをいただいた。

その後、会務報告、平成25年度予算案の了承、新年度役員改選案が紹介され次期会長には加東市議会、また全国市議会議長会への各種役員役員・委員の推薦についても全て承認されました。

宝塚市議会として、平成24年度は全国市議会議員共済会理事(近畿ブロック1名)に就任いたしましたが、来年度は全国市議会設置の社会文教委員会委員の予定です。 

 

 

 

2月5日(火)は、全国市議会議員共済会理事会が午前11時より、東京都千代田区都市センターホテルにおいて開催されました。午後開催される第105回代議員会に向けて運営の最終協議をする理事会です。全国市議会議長会会長の関谷下関市議会議長を会長とし、副会長の金沢市議会議長、各ブロック選出の理事が参加しての理事会です。私は近畿ブロックで1名選出の理事として参加いたしました。理事会では、前回11月開催された理事会時点で明示されていなかった給付経理の自治体負担金率が51.9%に確定したこと、事務報告、25年度事業計画及び予算案等について協議し、代議員会に提出することが決定した。

特に昨年の代議員会で方針決定した「新たな年金制度の検討を要望する」ことに対して、ある市議会より要望の白紙を求める意見書がこの間に提出された件について、取り扱いを協議し、機関決定した事なので方針通り進めることが確認されました。

午後1時30分より、第105回代議員会が開催され、全国812市区の代表、124市区議会議長が出席して、事務報告、24年度上半期決算監査の承認、25年度事業計画および予算案について可決承認されました。

2月7日(木)は、全国市議会議長会基地協議会第76回総会が午後2時30分より、東京都千代田区都市センターホテルにおいて開催されました。この基地協議会は自衛隊および米軍の基地関連施設を要する市町村議会議長が加盟して構成されています。現在加盟市町村は、147市40町村です。

総会は、会長である神田呉市議会議長のあいさつに続き、総務大臣政務官北村茂男氏、防衛大臣政務官佐藤正久氏より来賓あいさつがありました、特に佐藤防衛大臣政務官は元自衛官であり、自衛隊の重要な役割について、予算増加の必要性について熱く語りました。

その後、総務省固定資産税課長より固定資産の評価替えを受けての国有提供施設等所在市町村助成交付金・調整交付金の説明。防衛省地方協力企画課長より基地周辺対策経費の住宅防音や騒音防止、道路改修などの25年度予算について説明がありました。

事務報告、23年度会計決算の承認、25年度運動方針ならびに事業計画、予算案について可決承認されました。最後に、基地などの施設を有する自治体で、この協議会に加盟していない議会に対する加盟促進をお願いし総会は終了した。

その後、意見交換会も開催され昨年視察訪問した北海道稚内市議会岡本議長と再会、また温泉所在都市で役員同士である大分県別府市議会松川議長などと意見交換をしました。

2月18日(月)には、全国高速自動車道市議会協議会第39回定期総会が、午後2時より東京都千代田区都市センターホテルにおいて開催されました。この協議会には全国812市区の内、305市区が加盟しております。

会長の苫小牧市議会議長のあいさつに続き、来賓として高速道路建設推進議員連盟会長の衛藤征士郎衆議院議員よりあいさつを頂き、全国高速道路建設協議会会長の山梨県知事からのメッセージが紹介されました。「今後の高速道路政策について」と題して、国土交通省道路局長前川秀和氏よりミッシングリンク解消に向けた説明がありました。

事務報告、23年度会計決算認定、25年度運動方針並びに予算案などを承認して、最後に高速道路ネットワークは、経済効果だけでなく災害発生時には命の道としての役割があり、既存道路の改修財源確保などを求める決議を可決し終了した。