Twitter
外部リンク
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki-ebara@tgikai.zaqrs.jp

Archive for 2012年 2月

第237回兵庫県市議会議長会総会が、午後2時から神戸市の相楽園会館で開催されました。

今回の総会は、平成24年度の議長会負担金および新年度予算の採決、新年度の各種役員の選出を行うものです。負担金および予算案は原案通り可決、新年度役員として、兵庫県議長会会長には宍粟市議会、近畿議長会会長には加西市議会、全国市議会議長会副会長には三田市議会、市議会議員共済会理事に宝塚市議会等々を選出しました。

来賓として、井戸敏三兵庫県知事、長岡県議会副議長などが出席いただき、井戸知事からは、兵庫県新年度予算案について、スクラップ、スクラップ アンド ビルドを基本にほぼ前年度並みの予算規模となった、しかし、人口減少、高齢化により、県ビジョンの見直しを余儀なくされている現状であること、一方政府に対しては消費税増税の議論よりも、いかに景気刺激をして成長傾向に向けるかを議論すべきであると注文をつけた。また、関西広域連合は昨年の東日本大震災でスピード感のある緊急対策が実施できた経験から、さらに地方分権への流れを速めれば大きな財政削減が可能になると話を結んだ。

【議場コンサート】 午前9時30分開演

市民に開かれた議会を目指している宝塚市議会として、2月15日3月定例会本会議一日目の冒頭に、市内の音楽家を招いての『議場コンサート』を開催しました。市議会主催での議場コンサートは、3年ぶり2回目の実施となります。

当日は、『ハープデュオのひととき』と題して、野田千晶さんと五明ゆいさんをお招きして

グランドハープ2台により、「花の歌」「五木の子守唄」「ポルカ」「ワルツメドレー」などの演奏をしていただきました。

ハープという楽器について、弦は47本ありドは赤色です、足元にあるペダルで、フラット、ナチュラル、シャープの半音調節をします等々の説明もしていただきました。

当日は、議員と市長はじめ幹部職員以外に傍聴席に立ち見が出る134名の市民の参加をいただき開催いたしました。

アンケートでは、初めて議場に入ったという方が多く、今後も継続して開催して欲しいという意見を大多数から頂きました、このような機会を通して市議会を身近に感じて頂けたことは喜ばしいことですので、継続的に開催を検討いたします。

【平成24年度施政方針】 午前10時30分開会

平成24年度予算案および市政運営に関する、市長の施政方針の発表がありました。

一般会計は670億2千万円で、前年度比1.9%減の緊縮型予算となっています。

企業会計は3会計で268億7419万円余で、前年度比4.4%減となっています。

第5次総合計画のまちづくりの基本目標、

1.これからの都市経営

2.安全・都市基盤

3.健康・福祉

4.教育・子ども・人権

5.環境

6.観光・文化・産業

各々に沿って、新規および拡充事業の発表がありました。

その後、39件の議案の提案理由の説明も行われ、市議会としては今後、27~28日2日間で会派代表による代表質問を実施し、議案については各常任委員会に付託の上審査を、予算案については予算特別委員会を設置して5日間かけて審査を予定しており、最終本会議の3月28日までの43日間の定例会が開会いたしました。

議員研修の一環として、第二名神高速道路建設工事の現状把握のため、市内北部に建設予定の、宝塚サービスエリア周辺の視察を実施しました。

この第二名神高速道路神戸高槻施工区間(神戸高槻間延長40.5キロメートル)は、上下線に渡る宝塚トンネル渋滞の解消と、大阪都心部を回避して通過する車両の時間短縮のために西日本高速道路株式会社によって建設が続けられています。

平成21年8月には、国土交通省の事業認可により宝塚サービスエリアの設置が決定しました。さらに、宝塚サービスエリアに接続して(仮称)宝塚北スマートインターチェンジの設置について、実施計画をまとめ、国土交通大臣の連結許可を受けるべく手続きを進めています。

宝塚サービスエリア:平成29年3月 供用開始予定、上下線合わせて400台駐車、食堂、ガソリンスタンド有り

宝塚北スマートインターチェンジ:ETC搭載車のみ、24時間運用、車長12m以下

現場における西日本高速道路株式会社からの、説明によると宝塚市内の土地買収は100%、

工事としては、はじめに川下川橋工事を24年度中に完成させて、神戸側からの土砂搬入路

を利用して、サービスエリアを埋め立てる工事をする計画であること等、また、当初6車線(上下3車線)で計画していたが、計画通過車両の低下予測により、暫定で4車線での車道工事を実施する、将来6車線化は可能な土地は確保する。

現地は、川下川ダムの南に位置する川下川橋と、宝塚サービスエリア予定地を見学しました。