Twitter
外部リンク
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki-ebara@tgikai.zaqrs.jp

Archive for 2011年 7月

この協議会は大阪国際空港(伊丹空港)周辺の11市の市長及び市議会議長で構成され、

航空機騒音対策から空港の活性化に至るまで、様々な課題を協議する場です。

 5月に関西国際空港と大阪国際空港の一体的かつ効率的な設置および管理に関する

法律が可決・成立したことを受けて、今後の大阪国際空港について地元自治体が共同して

空港の離発着便のあり方、低騒音ジェット機の導入に伴うプロペラ機代替枠の取扱いなど

を協議し今後、国・国土交通省に要望活動を実施することを決めた。

 

7月1カ月間の市議会行政視察の受入れ総件数は、13件でした。

主な視察項目は

1位 議会改革、議会基本条例について

2位 協働のまちづくり、まちづくり条例について

3位 防災について

その他、子ども条例、水のマスタープランについてなどです。

視察に来られた市議会は、北は山形県から南は鹿児島県までの14市議会で、

議会運営委員会、常任委員会、特別委員会、会派単位で来られました。

これらの行政視察について、日程の許す範囲で私自身が歓迎のあいさつをしています。

7月については、9件の視察であいさつをし、特に議会改革に関しては、

2件の視察では質疑応答も行いました。

 

昔ながらの縁日の雰囲気を子どもたちに楽しんでもらおうと、

『ちびっこ縁日』を、阪急小林駅周辺の商店主らでつくる

小林商栄会が毎年夏休みに実施。今回で6年目。

今年も、オープニングイベントとして、高司小学校区のソーラン隊が出演。

開会前に、商栄会顧問の立場として今年で6回目を迎えた『ちびっこ縁日』の大盛会をお祝いしての挨拶を行いました。

『ちびっこ縁日』は、阪急小林駅周辺の商店主らでつくる小林商栄会が主催。。昨年より、会場前の道路を、市内初の歩行者天国状態にして開催。

会場では、焼きそば、からあげ、チジミなどの飲食物コーナーをはじめ、的あてやくじびきなどのゲーム、金魚すくいとスーパーボールすくい、関西学院大学の学生による似顔絵コーナーがあります。

今年は、売上金の一部を東日本大震災の被災地に義捐金として寄付する予定です。来場者は昨年の2倍以上に増加して、にぎやかに開催されました。

清風会は、宝塚市に在住している叙勲者が、一堂に会し会員相互の親睦を図り、意見交換を目的として毎年開催されています。

当日は台風の接近による風雨の中での総会開催となりましたが、20名近い方が参加されて、22年度事業報告・決算と、23年度事業・予算を決定し、新理事長をはじめ、役員体制を承認した総会の後、意見交換会が開催されました。

清風会顧問として、総会の席上、議長として挨拶をいたしました。

大正生まれの方々も参加されておられましたが、とてもお元気で意気軒昂として近況を発表されておりました。

大正2年に誕生した宝塚唱歌隊、後の宝塚歌劇団が本年98周年となりますが、

その宝塚音楽学校として昭和12年から平成10年までの約45年間にわたって、

約2400人の卒業生を送り出してきた旧校舎が、この日宝塚文化創造館として、

グランドオープンいたしました。

3階建ての建物で、(勿論、蔦の絡まる旧校舎)特に2階の展示室を『すみれミュージアム』

として、宝塚音楽学校の懐かしい卒業式写真や授業で使用された教材の展示、大型モニターでは実際の授業風景や課外授業などの映像と、宝塚歌劇の草創期から現在に至るまでの約750点の歴代公演ポスターを展示しております。

さらに、有名作品(今はベルバラ)の衣装前で記念撮影もできます。

1階と3階は、貸室でバレイレッスン、日舞練習場やコンサート会場があります。

7月15日午前10時からのテープカットおよび開館式典で挨拶をいたしました。

7月7日(木)午後1時より、全国市議会議長会基地協議会第75回理事会が全国都市会館(東京)において開催されました。

会長市である北海道千歳市議会議長と、全国市議会議長会会長の下関市議会議長のあいさつの後、総務省自治税務局固定資産税課長および防衛省地方協力局地方協力企画課長より各々の予算執行状況と新年度に向けての方針の報告がありました。

被災地を代表して東松島市議会議長があいさつ、その後、22年度決算認定や今後の日程等について協議をして終了しました。

*宝塚市内には自衛隊長尾山演習場があるために、基地協議会に加盟しています。