Twitter
外部リンク
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki-ebara@tgikai.zaqrs.jp

1995年1月17日午前5時46分52秒

史上初の震度7の直下型地震

傾斜したビル

(宝塚市内)

.

政治信条
1.政治の原点
阪神淡路大震災直後の、
平成7年4月執行の宝塚市
会議員選挙で、震災で家
を失い、体育館などの避難所、
た仮設住宅において不自
由な生活のなか、私の支援のた
めに、応援していただいた多くの皆様のお陰で、初当選さ
せていただきました。
その時、一人ひとりの状況を聞いて、早く普通の生活に戻
れるように、問題解決に向けて動いた、『市民相談』活動が
私の政治の原点です。
.

自宅を全・半壊 した市民
のための仮設住宅
.

2.常に『10年、20年先』を見越した政策提言

身近な課題・問題解決はもちろんのこと、ネットワーク政党
公明党として、国政での政策審議内容を考慮して、宝塚市
における将来展望を常に頭に描きながら、政策提言に努め
ています。
例えば、少子高齢社会と言われはじめた時、市議会の本会
議で、初めて少子化対策の必要性を訴え、それから10年間
現在に至るまで、様々な子育て支援策の充実を実現してまい
りまいした。さらに平成19年に、子ども条例、子ども未来
基金、子ども部設置が決定いたしました。
また、環境問題も長期ビジョンが必要です。地球温暖化等を
考慮し、市役所屋上の太陽光発電設置の提案や、ゴミ収集
車の天然ガス車への転換、学校における環境教育の一助と
して、太陽光発電、風力発電、屋上緑化、雨水貯留施設など
の設置推進も継続して提案し実現しています。
このように、常に『10年、20年先』を見越した政策提言を
心がけております。