Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
吉田健太郎のフェイスブック
サイト管理者
高岡市 吉田健太郎
kentaro@p2.tcnet.ne.jp

本日最終日を向かえた6月定例会は、追加提出された人事、その他案件3件を含めた全18年件を可決・承認し閉会となりました。
今次定例会で可決された補正予算は、例年から見ると小規模なもので、財政運営の厳しさを感じさせるものでもありましたが、その中でも市税賦課徴収条例の一部改正による中小企業の設備投資等に資することが期待される案件や、戸出西部金屋産業団地造成による雇用創出などが期待される案件など、高岡の未来に資する大切な案件も審議されました。

本会議で附託された所管案件について審議しました。
教育費のなかで今回提案されている、教職員研修事業費は、小中連携・一貫教育を今後市内全域で実施していくための実践研究を進めるため提案されているもの。その具体的内容を確認すると共に、連携・一貫教育はあくまでも子どもたちのより良い教育のための手段として、決してありきの議論にはならないよう要望させていただきました。
さらにその他案件では、中学校運動部活動の在り方について、スポーツ庁の策定したガイドラインに則った効果的な練習法について、体育協会に於いても研究していただき、現場までフィードバックしていただく取り組み方を提案、要望させていただきました。

昨日の一般質問の様子が、今朝の新聞に掲載されました。
今回は
農業振興地区の取り組みについて
戦略的道路について
福祉行政
高岡型地域福祉ネットワークについて
介護予防事業について
障害がい者福祉(内部障がいとヘルプマークの推進)について
取り上げさせていただきました。
高岡市でも来月から配布が始まるヘルプマークについては、広い理解と周知が求められています。

6月11日開会した今次、定例会。
初日に提出されたのは、予算条例その他議案、報告合わせた15件。
補正予算は一般会計で
1億3,608万8千円
となっております。
今回の予算措置は、財政の厳しい中にあっても、保育料の軽減、無償化の拡大や、小中連携、一貫教育の導入に向けた調査研究など、子育て、教育に力を入れたものとなっております。
一般質問を始め、議会運営委員会、総務文教常任委員会でも、真摯に審議して参ります!
さて、本日12日の私の誕生日には、FBでは多くの皆さまのお祝いメッセージをいただきまして、まことにありがとうございます。
45歳、いよいよアラフィフの仲間入り?ということで、さらに精進を重ねてまいる決意です!
今後ともどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

町内に自主防災組織が立ち上がって以来、毎年実施されてきた地元自治会としての防災訓練です。
今年は各班ごとの避難誘導訓練から、公園での消火器使用訓練、ロープの結索訓練、公民館での防災ビデオ鑑賞と、町内の皆さんに順番に体験していただきました。

雨季を前にした水防訓練。今年は出来田庄川左岸において、国交省、自衛隊、地元住民の皆さんたちと私たち消防団での合同の水防訓練が実施されました。
今回担当したのは積み土嚢工法。
積み土嚢は水防の基本であり第一歩、担当分団で土嚢を作り、順番に積んでいきました。

出動指令メールを受けて、火事場へ。
現場では、放水するための水を確保するために、そばで流れている用水をホースと身体で塞き止めて、水利を急造。鎮火まで塞き止めた水の水圧を体感していたのが、今回の私の消火活動でした。
乾燥した日、風の強い日には、火の元にも充分ご注意ください!

今日から守山分団の操法練習が始まりました。
昨年に引き続き、今年も大会出場することになったわが守山分団。
若き精鋭で、挑みます。
選手としての出場は敵いませんが、精一杯サポートして参ります!

イタイイタイ病が全国初の公害病としての公式見解が示されてから、本日5月8日で50年の節目を迎えました。
一昨日6日には、富山県立イタイイタイ病資料館においてこの日を記念してのイタイイタイ病映像展が、石井富山県知事はじめ、各方面の関係者の出席のもと開催されました。
将来にわたってこのような悲劇が繰り返されないよう、イタイイタイ病公害認定に至るまでの苦闘を学び、伝えていかなければなりません。

本日の憲法記念日に寄せての、街頭遊説を実施しました。
樋詰和子高岡市議会議員
嶋村信之砺波市議会議員
不後昇射水市議会副議長
と、私吉田の四名で、県西部各地を周り街頭からご挨拶させていただきました。
皆さま、良いGWをお過ごしください。