都議会文教委員会が開かれ、東京都情報公開条例改正の議案について質問に立ちました。
今年7月から都が始めた「公文書情報公開システム」では2ヵ月で約7万5千件のダウンロードがあったことが明らかにされました。
このシステムは都民ニーズの高い公文書情報を優先的にウェブサイトに登録し、開示手続きによらずに、サイトからダウンロードできるものです。

文教委員会

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
東京都 高倉良生
takakura.ryosei@gmail.com