公明党が連立政権に参加して以来、20年が経過しています。途中、民主党等の政権で「決められない政治」による混迷した時期がありました。公明党が長い連立政権のなかで政治の安定に大きな役割を果たしてきたことは明白です。記事にある中北浩爾一橋大教授の著書「自公政権とは何か」を私も読みましたが、公明党が連立政権の中で果たした役割などがわかりやすく書かれています。

座標軸

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
東京都 高倉良生
takakura.ryosei@gmail.com