行き場を失った犬や猫たちを保護し、新しい里親につなぐ活動などを展開している「シェルター」を同僚の栗林議員とともに訪問し、運営する大野真由子さんと意見交換してきました。

ビルの1階を活用した同施設は、室内ドッグランなどもあります。将来は動物の保護カフェのような機能も考えているとのことでした。

大野さんは、高齢社会の中で行き場を失う動物たちが増えることを考慮し、シェルターが拠点となって地域に動物飼育のコミュニティをつくっていくことが必要とも語っていました。

また、動物を販売する人や飼育する人の責任を明確にしながら、行き場を失う動物をなくしていく新たな仕組みづくりなどが必要とも強調していました。

犬1

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
東京都 高倉良生
takakura.ryosei@gmail.com