都議会の経済・港湾委員会が本日開かれ、高潮対策や臨海地域の課題などについて質問しました。

今年は大型の台風が日本列島を繰り返し襲い、大きな被害が発生しました。東京は高潮対策に力を入れていますが、想定を超えるような台風の来襲にも備えねばなりません

都は今年3月、高潮浸水想定区域図を作成・公表しました。それによると、浸水想定区域は17区(約212平方キロメートル)、区域内の昼間人口は395万人、最大浸水は約10メートル、浸水の継続期間は1週間以上、です

住民の迅速な避難が何よりも重要であり、水防法により設定・周知することとされている高潮特別警戒水位の早期設定に向けた都の取り組みを求めました。

港湾委員会

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
東京都 高倉良生
takakura.ryosei@gmail.com