バックナンバー 2016年 9月

東京都議会公明党(東村邦浩幹事長)は28日、都議会内で、都立蘆花恒春園(世田谷区)内の保育所予定地における土壌問題に関して、小池百合子知事宛ての申し入れを行った。
席上、東村幹事長らは都が国家戦略特区を活用し、同園内で進めている保育所の整備に当たり「一部の土地が大量のごみなどで土壌汚染されていることが判明した」と訴えた。
その上で「事業者が保育所の建設工事に着手できない事態だ」と述べ、①土壌汚染の実態と原因の明示②都の責任による早急な対策③建殷が中断している事業者への支援--などを求めた。応対した中野透建設局次長は「要望を受け止め、対応していく」と語った。
(公明新聞9月29日付)

8a0909033858c5c61696f40146b867f0世田谷区の都立芦花公園で保育所設置が進められている場所に大量のゴミが堆積し、環境基準を上回る「鉛」が検出された問題で、都議会公明党は本日、都に原因調査や対策を申し入れました。

都議会公明党では栗林のり子議員と厚生委員会の高倉良生が一昨日の26日、現地調査しました。保育園の予定地には地下4メートルほどまで大量のゴミが埋まっていました。保育園設置を進めている事業者は現在、設置工事を進めることができずにいます。

申し入れでは、
①土壌汚染の実態・原因を明らかにする
②都の責任で土壌汚染対策を早期に講じる
③保育所設置事業者への適切な支援を行う
④保育所設置のため今後都が提供する都有地については事前に安全を確認する
を求めました。

芦花公園における保育所設置は、国家戦略特区を活用した都立公園の貸付事業として実施されているものです。

都議会公明党は本日開かれた都議会総務委員会で、舛添・前都知事に対し都議会公明党が求めている美術品などの未提出資料について改めて提出を要求しました。中山信行議員が質問しました。

これに対し都政策企画局は「先週、改めて要求資料の一覧と本日の総務委員会で求められている旨を示し、政策企画局次長より前知事に資料の提出について確認した」と答弁。

しかし「前知事からは、一連の問題に関連して市民団体から刑事告発を受けており、その捜査に支障を生じる恐れがあるため、資料要求に対応することはできないとの回答があった」と述べました。

総務委員会では、公用車の使用記録や海外出張経費に関する資料などは提出されました。美術品のリストなど政治資金関連の資料は提出されませんでしたが、都議会公明党は提出を強く求めました。

a2ed941b4484360d1771965a67cb391f東京・あきるの市にある西多摩療育支援センター・上代継在宅地域支援センターの保護者代表の皆さんと懇談し、さまざまな要望をお聞きしました。
重症心身障害児者の通所事業に対する支援の充実、短期入所事業の充実、入所施設の増設、災害時の対策などの要望をはじめ、保護者代表の一人ひとりから具体的な要望をお聞きしました。東京・あきるの市にある西多摩療育支援センター・上代継在宅地域支援センターの保護者代表の皆さんと懇談し、さまざまな要望をお聞きしました。
都議会でしっかりと取り上げながら、施策の充実に取り組んでいきたいと思います。

本日開かれた都議会厚生委員会で、都立墨東病院に導入する「ハイブリッド手術室」など2件の契約案件について質疑を行いました。

都立病院としては初めて導入される「ハイブリッド手術室」について東京都病院経営本部は以下のような具体例をあげ、その効果を明らかにしました。

①動脈瘤(どうみゃくりゅう)に対する内科的治療の実施中に、患者の容態が急変した場合、同一の場所で速やかに外科手術に移行することができる。(*従来は別の手術室に患者を移動させていたがそのリスクを回避できる)。

②「大動脈弁狭窄症」に対し、カテーテルと呼ばれる医療用の管を用いて人工弁と置き換える治療法を実施することができ、心臓疾患への対応力が強化される。(大動脈弁狭窄症=心臓と大動脈との間にある弁が固くなり、十分な血液が送られなくなる)。

③帝王切開時に大量出血の恐れがある前置胎盤の妊婦の場合、手術中に大量出血したときでも手術を進めながら同時に止血できるため、ハイリスク妊産婦への対応力が強化される。

従って、今回「ハイブリッド手術室」の導入により、都立病院での治療やその安全性がより向上することになります。今年度末には実際に使用が始まります。

導入にあたっての契約金額は5憶6700万円と高額ですが、契約手続きの透明性などについても都の見解をただしました。

都議会

 

都議会公明党は本日午前、豊洲新市場の現地調査を行い、加工パッケージ棟や管理施設棟にも地下空間があることを明らかにしました。今回で3回目の現地調査です。

加工パッケージ棟の地下空間には「たまり水」があり、その深さは21~23cmありました。水も採取しました。管理施設棟の地下空間には水はありませんでした。
また両施設とも地下へ重機等を出し入れする「マシンハッチ」があることも確認しました。

 

fb98ee6897a30ecfd5e32e8f3f276c85都議会公明党は21日、豊洲市場の現地調査を再度実施するとともに、小池都知事に対し、豊洲市場整備問題に関する申し入れを行いました。

申し入れでは
①都議会での公明党の質問に対し盛り土について事実と違った説明をしてきた経緯・理由・責任を明らかにすること
②都として正確・必要な情報を随時発信すること
③専門家会議による安全性の検討だけでなく建築・土木の専門家による検証も行うこと
④都議会公明党が採取した「水」からシアン化合物が検出されたことから都として水の再調査を行うこと
を求めました。

b3c7606778e656df6cb45e3e3e1eef69「都民裏切る変更、許せぬ
都議会公明党対策プロジェクトチーム 上野和彦座長に聞く」

築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(同江東区)の土壌汚染対策をめぐる問題について、都議会公明党「豊洲市場整備問題対策プロジェクトチーム(PT)」座長の上野和彦議員に話を聞いた。

――この問題に対する都議会公明党の対応は。

上野和彦座長 12日に都中央卸売市場長や都の担当幹部から、都議会公明党へ初めて正式に説明があった。市場長は「主要建物の下に土壌汚染対策の盛り土が行われていなかったことは事実である」と、これまで事実と異なる説明をしてきたことを認めて謝罪し、土壌汚染対策工事の経緯を説明した。

都民、議会への信頼を裏切る許されない行為だ。盛り土を行わず地下空間を設ける工法に、どの時点で、誰が、どのような手続きで、変更したのか。盛り土に代えて地下空間とすることは、盛り土を提言した外部有識者による専門家会議で否定されている。にもかかわらず、なぜその工法を選んだのか。食の安全・安心などを確保するために、一刻も早く経緯を調査する必要がある。このためPTを立ち上げた。現場調査や関係者からの聴取を進め、早急な対策を都に求めていく。

――豊洲市場を緊急調査したが。上野 「調査なくして発言なし」「現場第一」の公明党として、市場長から説明を受けた2日後の14日に現場を調査した。青果棟や水産卸売場棟、仲卸売場棟の地下空間を確認し、地下水のモニタリング調査の現場や、水位、水質を監視する「地下水管理システム」の試運転の状況なども調べた。地下空間にたまっている水が、外壁などから伝ってきた雨水なのか、それとも8月の豪雨により上昇した地下水なのか。現場でその水と、むき出しになっていた床の砕石を採取し、汚染の有無などの分析を専門機関に依頼した。

――今後の取り組みは。上野 都は専門家会議の委員に再び調査を依頼するとしているが、専門家会議とは別に設けられた汚染対策工事の工法を評価する技術会議の委員も加えて調査するべきだ。
専門家会議の委員は、水質や土質、有害物質の専門家だ。盛り土に代わり構築された地下空間の構造物が、盛り土によって汚染物質を封じ込める対策と同等もしくは同等以上の効果があるかを検証するには、土木や建築などの専門家による調査も必要不可欠だからだ。
公明党は、原因究明、再発防止、食の安全・安心を守る対策の再構築などに全力で取り組んでいく。

(公明新聞より)

fb98ee6897a30ecfd5e32e8f3f276c85都議会公明党は、豊洲新市場の水産卸売場棟・仲卸売場棟・青果棟のそれぞれの地下空間から14日採取した水の分析結果を公表しました。

水産卸売場棟の地下の水からはアン化合物が検出され、また3施設の地下からは基準値を下回るヒ素が検出されました。ベンゼンは検出されませんでした。

都が17日公表した水の分析結果ではシアンは検出されなかったことから、都議会公明党は都に再調査を求めていきます。

本日も都議会公明党は、豊洲新市場の現場調査を実施します。

8bb801c8e4e627140b3f6ff43a5dcd93

 

東日本大震災の被災地・福島の復興を応援する「ふくしま・東京キャンペーン」の一環として、10月5,6日、都営地下鉄・神保町駅で「福島産直市」が開催されます。
福島県産の農作物や地酒を販売するほか、福島の観光名所の魅力紹介なども行われます。都議会公明党は被災地を繰り返し訪問し、地元の要望をお聞きしながら、都からの支援を訴え続けています。

 

Twitter
サイト管理者
東京都 高倉良生
takakura.ryosei@gmail.com