バックナンバー 2016年 4月

160426 東京都ロボット産業支援プラザ視察中小企業のロボット開発から安全性評価までを支援する「東京ロボット産業支援プラザ」(江東区青海)が4月20日、全面オープンしました。都議会公明党の高倉良生らは26日、同プラザを訪問し、関係者と意見交換しました。

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)が設置したものです。都産技研は昨年度から「ロボット産業活性化事業」をスタートさせ、基盤技術の開発や公募型共同研究開発などに取り組んできました。

 

 

 

160426 東京都ロボット産業支援プラザ視察2新たに設置された支援プラザには、ロボットの試作・評価支援、安全認証技術支援に必要な各種機器(傾斜路走行性試験装置、複合環境振動試験機、超大型3Dプリンターなど)が導入されています。傾斜路走行性試験装置は長さ15メートル・幅10メートルの全国最大級の走行路を備えています。

また、ロボット開発に意欲のある中小企業が集まり、情報交換する場として「共同開発スペース」も整備されています。

今年度も新たな公募型共同研究開発を推進することにしており、成長が期待されるロボット産業を推進する拠点として大きな機能を発揮しそうです。

「熊本地震災害支援の会」の皆様を応援し、東京・中野区のJR中野駅北口で支援募金の活動をさせていただきました。
強い風雨の中での募金活動でしたが、多くの皆様から御協力をいただきました。寄せられた真心の義捐金は、「支援の会」から日本赤十字社東京都支部を通じ被災地に送られます。
きょうも被災地では地震が続いています。熊本・大分の被災者の皆様、どうか頑張って下さい。さらに支援を続けます。

IMG_1877

 

 

 

高倉良生は4月4日、JR新宿駅南口にオープンした国内最大規模の高速バスターミナル「バスタ新宿」を訪問し、バスの発着場や都が設置した東京観光情報センターを視察しました。

 

 

 

IMG_1878

 

 

 

 

「バスタ新宿」は新宿駅周辺にあった高速バス乗降場を1カ所に集約したもので、青森から福岡まで全国39都府県を結び、1日約1600便が発着するターミナルです。

 

新宿駅に直結しており、3階がタクシーやコミュニティバスの乗り場、4階が高速バスの乗降場になっています。3階には外国人観光客のための「東京観光情報センター」が設置されています。

 

 

IMG_1872

 

 

 

「東京観光情報センター」では着物姿のコンシェルジュが多言語で観光情報を提供。カウンターには26台のタブレット端末が置かれ、旅行者自身が都内や全国各地の観光情報を収集できるようになっています。

Twitter
サイト管理者
東京都 高倉良生
takakura.ryosei@gmail.com