バックナンバー 2016年 3月

DSC_0790

災害時におけるオフロードバイクを活用した情報収集の支援について、東京都は3月30日、「災害ボランティアバイクネットワーク関東」と協定を締結しました。締結式には、オフロードバイクの災害時の活用を訴えてきた都議会公明党の伊藤こういち議員のほか、高倉良生、上野和彦の各議員も出席しました。バイクの機動性を生かした災害時の情報収集が期待されます。

 締結式には都側から田邉揮司良・危機管理官、矢岡俊樹・総合防災部長らが出席。「災害ボランティアバイクネットワーク関東」から井田博雄・会長、神谷忠・バイク災害救助隊長、成田睦郎・東京支所事務局長らが出席しました。

 協定では、災害時に都から「災害ボランティアバイクネットワーク関東」に対して、災害現場への出動・被害状況の把握などについて要請する規定のほか、事故など損害があった場合の補償や道路通行・燃料確保についての都の支援など、必要な事項が盛り込まれています。協定は4月1日から施行されます。

 都議会公明党では、伊藤議員が平成26年3月の都議会予算特別委員会で、災害時のオフロードバイクの活用について提案していました。伊藤・高倉・上野の3議員は、災害時に活動するオフロードバイク隊を編成している静岡市と意見交換するなど、積極的に取り組んできました。

国会の日韓議連・映画議連の主催による日韓合作映画「ザ・テノール」の国会上映会があり、参加してきました。
がんで声を失った韓国人の天才オペラ歌手と、彼を支えた日本人プロデューサーの友情を描いた実話に基づく映画です。
主人公のベー・チェチョルさん(写真左)と、プロデューサーの輪嶋東太郎さん(同右)、それぞれ御本人も出席しました。
非常に感動的な映画です。

中野区役所1階ロビーで中野区町会連合会の活動を紹介する展示イベントが開催されています。
活発な町会の催しや、多彩な地域ニュースが紹介されています。
鑑賞後、吉成町会連合会会長と懇談しました。

 

 

 

中野区立「本五ふれあい公園」の開園式が午前中行われました。
区内で7番目に広い公園で、広さは12000平方メートル。運動広場と草地広場を備えています。
運動広場では、少年野球、少年サッカー、フットサルを楽しむことができます。
防災施設としては、災害用マンホールトイレ、防災井戸、防災倉庫などが備えられています。
公園を含む付近一帯は、東京都が広域避難場所に指定しています。

都立永福学園の肢体不自由教育・高等部普通科の卒業式に出席しました。
6人が卒業式を迎えることになり、大変感動的な式典になりました。
永福学園には就業技術科があり、生徒さんが実習でプロ並みのおいしいコーヒーをいれる技術を学んでいます。
今日も「永福ブレンド」をいただきました。

高倉良生は3月14日の都議会厚生委員会で質疑に立ち、今後整備される「多摩メディカル・キャンパス」の中に導入される、がんの早期発見・早期治療のための最新機器について都の見解を求めました。

この中で高倉は、乳がんが女性のがん罹患率1位になっていることを指摘した上で、導入される機器のうち、乳がんの超早期診断に役立つPEMという機器の特徴について答弁を求めました。
これに対し都病院経営本部は、①ブドウ糖に似た検査薬を注射し、がん細胞に薬が集積する性質を利用して診断②マンモグラフィーや超音波では発見が困難な1、2ミリ程度の超早期の乳がんを発見できる③マンモグラフィーや超音波、MRIでは良性・悪性の識別が困難なステージゼロ期の非浸潤性乳がんの識別が可能④検査時の痛みや苦痛が軽減される――と答えました。

最新機器については、3月7日の都議会予算特別委員会における公明党の橘正剛議員の質問に対し、都病院経営本部長が「診断機器」として①小さながんにも対応できる最新のPET-CT②乳がんを超早期に発見でき苦痛も大幅緩和されるPEMなどを、また「治療機器」として①複雑な形の腫瘍への照射が可能で正常な組織への影響を抑える強度変調放射線治療装置IMRT②腫瘍を立体画像でとらえ2センチ程度の小さな傷口で正確な手術ができる内視鏡下手術ロボットなど高精度な機器を導入する考えを示していました。

DSCN1612
 
中野区役所の西側にある「四季の森公園」で開催された第3回中野ランニングフェスタの開会式に参加してきました。
 
会場では子どもから大人までランナーの皆さんが準備に余念がありません。おいしそうな食べ物を売るお店もたくさん出店しており、多彩なイベントも披露されます。
 
年々、にぎやかになってきているスポーツイベントです。ランナーの皆さん、頑張って下さい。

東京都中央卸売市場は、東日本大震災の被災地・福島の漁業の消費拡大や風評被害の解消に向けた取り組みとして、3月16日、都内消費者が参加する研修会を福島県いわき市の小名浜魚市場で開催します。
都議会公明党は2月13日、小名浜魚市場を訪問し、福島県漁業協同組合連合会から、大消費地を抱える東京からの支援要望を受けました【写真】。それを踏まえ、2月23日の代表質問で都に取り組みを求めていたものです。
福島県いわき地区の漁協では、平成25年10月から開始した試験操業の対象魚種が72種類に増え、本格的な操業・出荷に向けた取り組みが着実に進められています。
今回の研修会では、都内消費者の方々に、試験操業や検査体制の取り組みを直接見ていただくとともに、漁業関係者と意見交換が行われます。参加者は、東京都中央卸売市場の消費者事業委員や取引業務運営協議会・消費者団体委員など約60名が予定されています。

都内の福祉作業所などで障がい者の皆さんが自主製作した製品の魅力を発信するプロジェクト「ユニークプラスマーケット」が都庁都民広場地下開催されており、製品の販売が行われています(3月8~11、14日 10:00~18:00)。

手作りの素晴らしい製品がズラリと並んでいます。かわいい木製のえんぴつ立て、印鑑ケース、絵はがきを買いました。

dbbc671ea1b530a25890f2dfe18958ab

2月7日から都議会予算特別委員会が始まり、公明党からは橘正剛・政調会長が質問に立ちました。

この中で橘議員は、平成28年度都予算案において「福祉と保健」が過去最高となっていることに対し、共産党が、福祉予算の増加は国制度による義務的経費が高齢者人口の増加に伴って増えているに過ぎない、コメントしていることを取り上げ、その内容は事実か都の見解をただしました。

福祉保健局長は、①28年度予算の福祉保健局の一般歳出は対前年度費で585億円増②介護保険・国民健康保険・後期高齢者医療など国の制度に基づく負担は高齢者人口増などで約427億円増③一方、国制度の改正や施設の終了による「当然減」も約224億円ーーと述べました。「当然減」を考慮しない共産党の主張が事実に基づくものでないことが明らかにされました。

今後、整備が進められる多摩メディカルキャンパスについては、最新機器の活用による「がん」医療の機能強化を進めるべきだと訴えました。

これに対し真田正義・病院経営本部長は、診断機器として①小さながんにも対応できる最新のPET-CT②乳がんを超早期に発見でき苦痛も大幅に緩和される専用のPET「PEM」ーーなど高精度な機器を導入すると考えを示しました。

また、同本部長は、治療機器として①複雑な形の腫瘍への照射が可能で正常な組織への影響を極力抑えることのできる強度変調放射線治療装置「IMRT]②腫瘍を立体画像でとらえ2センチ程度の小さな傷口で正確な手術ができる内視鏡手術支援ロボットーーなどの導入を検討すると答弁しました。

Twitter
サイト管理者
東京都 高倉良生
takakura.ryosei@gmail.com