二人の小学1年生
 平成22年(2010年)2月に、公明党岡山市議団の総点検活動の一つとして、放課後児童クラブ総点検を行いました。ある小学校の児童クラブへは全員で視察に伺いました。その訪問の際、一人の一年生が私に折り紙で兜のようなものを作り、鉛筆で顔を描いたかわいい作品をプレゼントしてくれました。近くにいた私が、たまたま頂いたものです。(写真のとおり)そのやさしさ、真心に、いつの日か、改めて感謝の気持ちを伝えたいと、ずっと思ってきました。昨日、思い立ち、中学校を訪問しました。そうです。その小学1年生は、立派な中学校3年生に成長していました。しかも受験が目前。大変恐縮でしたが、当時のことは、当然何も記憶がないわけで、真心の折り紙を見せてきちんと説明し、感謝の言葉を伝え、励ましの言葉を贈りました。私的には、念願が叶った感じで、とてもうれしかったです。
 昨秋、市青少年健全育成大会にて、たまたま来賓で出席していた私は、作文の小学校1年生の部で最優秀賞を受賞した児童に、とてもとても驚きました。内容が素晴らしいのはもちろんですが、作品の朗読は、①全部暗記②マイクに背が届かないが、肉声で場内一杯へ響くはっきりとした声③全部、自身の手話がついている。終了後、私は迷わず保護者の方にご挨拶。そしてお願いを。岡山市聴覚障害者協会の新年互礼会での披露を打診しました。念願叶い、先日、その互礼会ステージ上にて、立派に作品の披露をしてくれました。作文の概要は次のとおり。「もんだいです。わたしのらんどせるは、なにいろでしょうか?」で入ります。お兄ちゃんの青いランドセルがお気に入りで、欲しくて欲しくて、お願いをしてきた。そのお兄ちゃんは小学校を卒業。妹のためにランドセルを大切に使い、ランドセルは新品のようにぴっかぴっか。そして小学校へ入学する妹の手に。お兄ちゃんのお古でも、色が青色でも、周りの人から「えー、かわいそう。かってもらえば?」「しょうわじゃないんじゃけえ。」と言われても、青いランドセルが大好きで大満足。元気に通学できるという内容です。素晴らしい!
 子ども達の成長は、本当に早いです。健やかな成長を心から願うばかりです。感謝!!

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
岡山市 田尻祐二
tajiri@mug.biglobe.ne.jp