バックナンバー 2016年 3月

さん太ホールにて、インフラマネジメントについてのシンポジウムが開催されました。基調講演は東洋大学の根本教授。大森市長もパネリストの一人でした。ゆっくりと進む大きな変化に、私達はなかなか対応できないことが指摘されてきましたが、今日は、改めて大きな危機意識を呼び起こす機会になりました。田舎の兄の一言が、いつも思い起こされます。
「自分のことは自分でやれということじゃ」

 牧山地域6町内会(大戸、下谷、中谷、上谷、郷、中牧)は、人口314人、122世帯、高齢化率57%。牧山地域の現状です。小学校の牧山分校は平成16年に閉校となりました。
 しかし、いつも地域の皆さん総出で、なんといっても市民農園「クラインガルテン」を舞台に開催される収穫祭、納涼祭ほか立派なコミュニティー活動を続けてこられました。収穫祭は、山の幸、川の幸、すべて地元でとれるものばかり。野菜、果物はもちろんですが、川がに、鮎まで。うまいものばかりです。ロケーションも最高。山桜、山つつじ等など、我が故郷ここに有りと言いたくなります。
 そんな牧山地域が、このほど「牧山の歩み」を発刊されました。立派な内容に驚くとともに、羨ましくなりました。我が地域を語り、伝え残していくこと。とても大切ですね。

4月から岡山市協働のまちづくり条例が全面改正で施行されます。
所管する市民協働局のある市役所2階にお目見えしたコーナーです。
なんかセンスいいわ。座りたくなる。思わず座ってみました。

新年度の予算を中心に審議した2月定例議会が閉会しました。本会議場は、積極的な大森市長の答弁もあり、活気があったと思います。
毎年、全国トップクラスの活躍を続ける明誠学院高校書道部に書いていただき、本日、控室に掲示させていただきました。

いいねと思う項目にシールを貼ってもらいます。公明党青年局メンバーと一緒に、今日も街頭に立たせていただきました。若い世代の声を国に届けます❗️

今日は行事が続きます。
岡山市聴覚障害者協会の定期総会
出席させていただき、ご挨拶申し上げました。
一人ではできないことも、人々が協力することによって
実現できる。共通の課題に向き合う聴覚障害者の皆さんが、
団体として、このように困難を克服していこう、支え合っていこうとする取り組みは、
とても大切です。
新年度から、すべての区役所に手話通訳者が配置され、テレビ電話も設置拡充されることとなります。
毎年、毎年、繰り返し粘り強く要求し続け、実現することとなりました。
協力し、声を上げ続けたことに心から敬意を表します。
公明党も障害者差別解消法制定に尽力しましたが、
いよいよ4月1日から施行です。
しかし、待っているのではなくて、当事者の皆さんが、
これからも積極的に声を出すということが、実は重要なのだと思うのです。
微力ですが、これからも応援させていただきます。
今日は、来賓の荒島県議さんの手話が随分バージョンアップしていることに驚きました。
素晴らしかったです❗️
写真がそうです。

今朝、岡山市北区役所へLGBT当事者の方が、初めて婚姻届を出されるとお聞きし、多様性特別委員会の議員方と立ち会いました。
窓口としては、岡山市には渋谷区のような条例も世田谷区のような要項もありませんから、何もできません。法務局に確認した上で、不受理となりましたが、家庭裁判所への不服申し立ての手続きの説明を受けました。あと、不受理証明を出してもらうこととなりました。マスコミの取材もありましたが、注目されています。岡山市でも、新たな動きが期待されています。当局を待つのではなくて、議会として動く時かもしれませんね。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
岡山市 田尻祐二
tajiri@mug.biglobe.ne.jp