menu

 

image私は24年間メガネ屋の販売員として働いてきました。「最近、新聞読むのも辛くてね」「目からくる疲れを何とかできないか」といったお客様の悩みにあわせ、その人にあったメガネを選び、「見えづらい」を「見やすく」することに喜びを感じておりました。

しかし、3人の子の父として、また一人の区民てして周りを見てみると、なんと「見えづらい」「わかりづらい」ことが多い社会なのだと実感しました。子育てや親の介護などを経験し、途方にくれるようなこともありましたが、地元の友人や先輩たちが手を差し伸べてくれました。また、同じように悩んでいる人が数多くいることを知り、私の中で次第に、今まで懸命にこの台東区の礎を築いてきた先輩の方々やこれからを担う子どもたちが、「見えづらい」ことで失う多くのチャンスや「どうせ無理だろう」といったあきらめの気持ちを少しでも減らせるよう、働いていきたい。この身を愛する台東区の未来のために使っていきたいと考えるようになりました。

これまでメガネ屋の現場で得た経験を活かし、「見えづらい」を「見やすく」、視界良好な生活を区民の皆さまが実感できるよう働いてまいります。

.
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
中沢ふみお
facebook
サイト管理者
台東区 中澤史夫
fumio.na12@gmail.com