カレンダー
2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
立川市 山本美智代
yamamotomichiyo@tbz.t-com.ne.jp

Archive for 2017年 5月

文教委員委員会協議会

今朝10時より、文教委員委員会協議会が開かれました。

本日の委員会協議会では、2月に発生した学校給食集団食中毒に

関する報告書の内容や進捗状況についての確認が行われました。

image

 

特に、今後見直しが図られる「危機管理対応マニュアル」について

盛り込まれる内容についての意見、要望を伝え、いざという時の

対策やシステムの構築を求めました。

若葉小学校運動会

今朝は若葉小学校の運動会からスタートしました。

image

 

来年度より、けやき台小学校と統合し新学校となる若葉小学校の

運動会スローガンは

 

『若葉小 最後の運動会 勝っても負けても 笑顔でいよう』

 

 

image

 

 児童一人一人が前向きに進もうという思いを込めているそうです。

全校児童が大きな声でスローガンの披露の後、赤組白組の応援団

によるエール交換でスタートしました。

 

image

力いっぱい走る姿や一生懸命に練習した演技が披露されました。

image

10時からは、けやき台小学校体育館に移動し、都市計画道路整備の

説明会に参加。

 

午後からは、たちかわ多文化共生センターの定期総会に出席。

image

その足で「たちかわアートギャラリー展」と「立川市所蔵絵画展」を

鑑賞しました。

imageimage

夜は会合に参加して、今日一日の少しハードな予定が終わりました。

 

 

平成29年第2回定例会 一般質問通告

6月5日から22日まで18日間の会期で平成29年第2回定例会が

開催されます。

 

今回の一般質問項目は次の通り。

 

1件名 誰もが安心して暮らせる支援体制について

 

要旨  

 

①高齢者等の移動支援について

②聴こえの支援について

③視覚障碍者の移動支援について

④生活困窮者自立支援について

⑤フードバンクへの支援について

 

2件名 若葉町のまちづくり 今後の課題と展望について

 

要旨

 

①エリアとしての活用、構想について

②若葉東通り及び都市計画道路の整備について

 

 

夜は、市内会場で行われた立川法人会砂川東支部の定期総会・

懇親会に出席。

法人会の方々と実りある懇談が出来ました。

                                         

                                           

都市計画道路整備の説明会

けやき台小学校体育館で行われた「立3・4・15号すずかけ通り線、

立3・4・21号国立駅東大和線」の都市計画道路整備の説明会に

参加しました。

image

 

大変に多くの方が参加されており、担当課からの説明の後

質疑が行われました。

「必要な道路であるので、速やかに開通できるよう努力を」

といったご意見もありました。

image

まだ見通しが立たないところもあり、また個々の事情などと重なり

落ち着かない気持ちになります。

 

一時間の予定内に終了し、その足で自治会の防犯パトロールに

向いましたが、雨のため中止になっており、早目の帰宅と

なりました。

 

 

行政視察報告 ~半田市~

5月22日(月)、行政視察として愛知県半田市に行って来ました。

image

半田市役所に到着して、すぐに目に飛び込んできた時計台。

近づいて見てみると、この作品は立川市を活動拠点としている

赤川ボンズさんの作品でした‼

image

imageimage

 

半田市は童話「ごんぎつね」の作者、新実南吉氏の故郷と

いうことで小さな狐の足跡が埋め込まれていました。

 

imageimage

 

その他にもユニークな作品が置かれていて、市役所までの

アプローチを楽しむことができます。

 

image

 

本題に戻ります。

今回の視察項目は、「マイレポはんだ」事業です。

image

 この事業は、スマートフォンの無料アプリ(FixMyStreetJapan)を

利用して、道路の陥没や施設の破損など、身近な問題を迅速に

解決する先進的な取り組みです。

 

手順としては、

☆問題を発見した住民が、スマートフォンから半田市に

レポートを報告。

  1、問題の場所を地図上に設定。(GPS機能があれば

    自動的に表示)

  2、状況写真を撮影。

  3、わかりやすいタイトルと、詳しい状況説明コメントを入力。

  4、問題区分を選択。

☆投稿された内容を見て、市が対応。

  1、対応内容をコメント。

  2、解決後の写真を撮る。

といったものです。

内容は、HPに掲載されるので皆で情報共有ができ、

進捗状況も分かります。

image

また、災害時には「災害情報収集機能」に切り替わり、

災害対策本部が設置される場面などで市の職員側が使える

状態になります。

image

 

費用対効果も高く、実際の運用にあたっての課題点を

整理しながらの運用をされていました。

 

 

また、SNSを活用しているため、閉庁時間にも情報を

送る事も可能です。

今後、立川市でも導入でいるよう進めていきたいと思います。

 

視察終了後、議場も見学させていただきました。


imageimage

 

 

 

若葉町地区「あいあいパトロール隊」定期総会

午前10時より、若葉町地区の「あいあいパトロール隊」の

定期総会に出席し、来賓としてご挨拶させて頂きました。

 

以前より要望のあった若葉会館の駐車場の白線が

仮修復されていることを確認しました。

本格修繕は、もう少し先になるそうですが、当面の間はこの状態

ですので宜しくお願いします。
image

 

image

 

夜は、地元自治会の役員会。

夏祭りの準備に入ります。

役員メンバーの中でも高齢化が進んでいて行事運営が大変に

なって来ています。

行事の簡素化と合わせ、若手のお手伝い体制を進めていく

必要があります。

若葉会館管理運営委員会の定期総会

先週末に開催された青少健と文化会の定期総会に続き、

若葉会館管理運営委員会の総会に参加。

image

来賓としてご挨拶させて頂きました。

 

 

いつでも気持ちよく若葉会館を使用できるよう、適切に

管理して頂いている関係者の皆さんにお礼を申し上げました。

image

 

親睦会では、今年度自治会と市民防災組織を立ち上げたられた

自治会長さんとじっくり懇談できました。

 

総会終了後、若葉町3丁目に通信を配りながら帰途につきました。

途中、何人もの方にお会いでき近況報告。

楽しい語らいの場となりました。

 

 

地方議員研究会講座

都内会場にて地方議員研究会の講座を受講しました。

 

講師は医学博士で、元寝屋川市議会議員の宮本正一氏。

議会質問のスキルを上げたいと思っての受講です。

image

 

一般質問は、市長の政治姿勢について質す為に行うもの

という事を再確認しながら学びました。

 

全国から参加された議員から、それぞれの地方議会の課題や

相違点についての話もあり、勉強になりました。

image

 

6月議会にしっかりと活用できるよう取り組んでいきます。

 

 

第15回 公明党立川総支部女性局の街頭遊説

第15回目の街頭遊説を公明党立川総支部女性局の皆さんと

元気に行いました(^。^)

imageimage

 

5月14日の「母の日」に寄せて、これまで公明党が実現してきた

女性施策についてご報告させて頂きました。

 

imageimage

 

午後は、国保運営協議会に出席。

image

 

平成30年度より国保の広域化が始まり責任主体は東京都になります

 

国保の運協終了後、市民相談などの対応にあたりました。

アッと言う間の1日でした。

ブラインドサッカー講演・体験会

立川市立第九中学校で開催された「ブラインドサッカー講演・

体験会」に行ってきました。

image

ブラインドサッカー協会の小島氏から、障がい者スポーツの種目や

ブラインドサッカーのルール・歴史についてお話しいただきました。

 

 

ブラインドサッカーがパラリンピックの競技となったのは

アテネオリンピックからだそうです。

8チームが参加枠で、現在日本チームは世界ランキング8位。

2020年の東京オリンピックへの期待が膨らみます!

image

 

ブラインドサッカーは、視覚障がい者も健常者もアイマスクを

着用することで同じ条件の下、プレーすることも可能です。

 

5人制のフットサルとしておこないますが、ゴールキーパーは

視覚障がいのない選手です。

音の鳴るサッカーボールを使用してテニスコートの大きさのコートで

プレーしますが、選手同士がぶつからないように「ポイ」という

掛け声を出しながら動かなくてはなりません。

 

 

講演では、「障がいとは何か」」「障がいとは個性ではないか」

「苦手で出来ない事は補い合えば大丈夫」等のお話もあり、

真摯に耳を傾ける生徒一人一人が「障がい」について向き合い、

理解を深めるとても良い機会となりました。

 

 

講演のあとの体験会では、ブラインドサッカー日本代表の寺西選手の

パフォーマンスで会場は一気に盛り上がりました(^。^)b

image

 

 

その後、各クラスの代表がアイマスクを付けて音の鳴る

ボールを操り、その難しさを実感していました。

image

 

以前、私はブラインドサッカーの普及を通して、

障がい者スポーツへの理解を深めていけないかと

一般質問で取り上げました。

 

こうした形で進んできて、嬉しく感じます。

今後、障がいのある人もない人も共に行える

スポーツ種目、ブラインドサッカーの競技人口が

増えていく事を期待します。