一般質問_2平成30年第3回定例会において、9月4日の本会議で一般質問を行いました。
ここでは主な質問と答弁の要点を速報としてお知らせいたします。もう少し詳しい概要も後日ご報告させていただきます。
 

1.防災の取り組みについて

(1)ブロック塀の状況と対策について

【質問】民間の危険なブロック塀に対して改修や撤去の費用を補助すべき。
【答弁】国や東京都の検討状況も勘案しながら庁内で検討を進める。

【質問】危険かどうか専門的な診断を受けるための補助制度も考えるべき。
【答弁】鉄筋の有無など専門的な診断はホームページで調査機関を紹介している。
【要望】撤去、改修の補助と併せて検討いただきたい。
 

(2)風水害への備えについて

【質問】多摩川と残堀川の両方が同時に氾濫した場合、両方に重なる区域はどの程度の浸水深になるのか。
【答弁】国や都から被害想定は公表されておらず、今後の研究課題としたい。

【質問】市は、台風などあらかじめ予測できる災害に対する防災行動を時系列に整理したタイムラインを作成しているが、市民へ公表すべきではないか。
【答弁】市民に直接関係のない行政機関の行動計画が記載されているので予定はない。しかし、避難勧告等に着目したタイムラインを、絞り込んだポイントを提供しておくことは大切であり、今後検討したい。

【質問】市民一人一人が自分の具体的な防災行動計画とするマイタイムラインの作成を進めるべき考えるが見解は。
【答弁】災害時の判断をサポートし、逃げ遅れゼロにつながる重要なツールであり、作成段階で水害へのリスク認識や避難タイミングの理解、ご近所とのコミュニケーションを図れるツールとして有効であり、今後検討していく。
 

2.交通政策について

(1)移動弱者のための地域交通について

【質問】市は地域公共交通の果たすべき役割をどのように考えておられるのか。
【答弁】事業者や地域との役割分担のもと、公共交通ネットワークを構築していく役割を担っている。

【質問】移動弱者のための新たな仕組みの交通手段について、課題の整理などを早く始めるべき。福祉、地域、子育てなど関連する部門が組織横断的に議論・検討する体制が必要ではないか。
【答弁】検証を行っているくるりんバスの方向性と合わせ、第4次長期総合計画後期基本計画の策定の中で全庁的に考えていきたい。
 

(2)自転車駐車場について

【質問】立川駅南口第二自転車等駐車場の一時閉鎖に伴う移転先として予定していた「(仮称)立川駅南口第二臨時有料自転車駐車場」の進捗は。
【答弁】現段階では完全閉鎖時期に合わせた開設は難しい。

【質問】9月末には残る360台分の一時利用も閉鎖され、行き場を失う自転車が増えると考えるが、10月以降の対策は。
【答弁】周辺で定期利用の利用が少ない駐輪場を一時利用へ活用することを考えている。

【質問】現在は更新期間が月末までのため1か月の空白ができるので、更新期間を前にずらすことで空白を無くすことができるのではないか。
【答弁】事務手続きの効率性や正確性、利用者への周知などの課題があるが、指定管理者と協議したい。

【質問】全ての自転車駐車場で、ホームページでの一時利用リアルタイム満空情報を表示できるようすべきと要望したが進捗は。
【答弁】現状、対応した機器のある一部に限られている。現在、H31年度以降の次期指定管理者の募集を行っており、業務仕様書の中ですべての施設でホームページ上に満空情報を表示すること示した。
 

3.街路灯等のLED化について

(1)街路灯及び園内灯LED化の検討状況と今後の見通しについて

【質問】街路灯等のLED化についてこれまで何度も取り上げてきたが、現在の状況は。
【答弁】H30年度に仕様書、要求水準書の作成を行い、H31年度からの事業実施を目指して見積りなど予算計上の準備をしている。

【質問】具体的なコスト削減効果の試算はできているのか。
【答弁】H29年度決算ベースで、街路灯は電気料で6,400万円、維持管理経費が約5,100万円、両方で約1億1,500万円の効果があると試算している。
 

(2)自治会防犯灯について

【質問】自治会防犯灯は今後設置の詳細など状況を把握したいとのことだったが。
【答弁】街路灯LED化の調査に防犯灯も含め、これにより詳細が把握できることとなる。

【質問】調査した上で、今後どういったスケジュール感で検討していくのか。
【答弁】調査による詳細データが出た段階で方策を検討したい。
 


本会議及び常任委員会は、概ね3日後からインターネットで録画放送されます。詳細は立川市議会ホームページをご覧ください。
立川市議会ホームページ

コメントは受付けていません。

瀬のぶひろTwitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
立川市 瀬順弘
se_nobu@yahoo.co.jp