1/15(水)、鈴鹿市議会・全員協議会終了後に、議長・副議長と総務・文教環境・地域福祉・産業建設の各常任委員会委員長で、「鈴鹿市議会からの提言」を、末松市長に手渡しました。

 

 

市長提言20200115-1

 

 

本年度、予算決算委員会を除く各常任委員会において、それぞれの所管事務の調査研究を行って意見を取りまとめ、令和2年度の予算編成及び政策決定の参考とするよう、市長に対し提言を行いました。

 

私からは、地域福祉委員会を代表して、地域福祉委員会からの提言について、説明をさせて頂きました。

 

〈地域福祉委員会〉

(1)地域づくり支援について

①自治会との関係を含めた地域づくり協議会のあり方を明確に整理し、地域及び市民に示すこと。

②一括交付金については、公平性を担保し、地域の実情に応じて活用できるよう、その金額、使途、分配方法等を整理し、制度設計を行うこと。

 

(2)子どもの権利について

①条例の制定を念頭に、虐待など、子どもを取り巻く課題と、その課題を解決するための取り組みを全庁的に整理すること。

②条例制定の検討に当たっては、庁内組織をはじめ、民間機関、市民などから幅広く意見聴取を行い、市全体の事業の検証も合わせて行うこと。

 

(3)幸齢社会について

①大学などの学術機関との連携をさらに進め、レセプトデータを活用した健康づくり施策により医療費の適正化に努めること。

②生活習慣病等の重症化予防のため、検診後の追跡調査・指導などを医師会等と連携して行うこと。

③成果連動型支払の手法などによる民間活用を含めた認知症予防施策を進めること。

 

 

 

 

市長提言20200115-2

1/13(月・祝)、鈴鹿市文化会館で、公明フォーラムを開催致しました。

 

公明フォーラム20200113

 

「食品ロス削減の取り組みについて」をテーマに、新妻ひでき参議院議員が講演を行いました。

中川康洋県代表から、公明党に対する有識者の評価などを紹介。

多くの皆様にご参加頂き、感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

公明フォーラム

令和2年(2020年)の新春を迎えました。

昨年中いろいろとお世話になりました皆様に、心より感謝申し上げます。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

20200101

 

 

日本全国また全世界の皆様が、平穏無事に、健やかに、幸多き一年を過ごせますよう、お祈り申し上げます。

 

 

今年も、残すところ、あとわずかとなりました。

お世話になりました皆様に、心から感謝を申し上げます。

どうぞ、良いお年をお迎えください。

 

【2019年を振り返って】

 

<1月>

「平成31年・鈴鹿市成人式」が、鈴鹿市民会館で盛大に開催されました。

201901

 

<4月>

統一地方選で、多くの皆様にお支え頂き、3期目の当選を果たすことが出来ました。

 

201904

 

<7月>

地域福祉委員会で、本年度の所管事務調査事項に関して、行政視察を行いました。

 

201907

 

<8月>

公明党三重県本部「夏季議員研修会」を、津市で開催。

201908

 

 

<11月>

鈴鹿市役所12階大会議室で、「第11回 議会報告会」を開催致しました。

201911

 

 

今年も、定例議会ごとに、市長への要望書を提出しました。

 

「高齢者の移動手段確保を求める要望書」

「交通安全対策の強化を求める要望書」

「公共サービス等の利用者負担軽減を求める要望書」

2020年度 予算要望」

 

予算要望

12/20(金)、本会議を再開し、12月定例議会に上程された議案について採決を行い、休会致しました。

 

12月定例議会

 

「令和元年度 鈴鹿市一般会計補正予算(第4号)」を可決。

 

<補正予算の主な事業>

○未婚のひとり親に対して支給する臨時・特別給付金を増額補正。

○高齢者肺炎球菌ワクチンと、風しんの抗体検査と予防接種のための費用を増額補正。

〇小学校トイレの洋式化改修工事の設計委託実施費用を増額補正。

〇鈴峰公民館、玉垣小学校給食調理室、佐佐木信綱記念館で、雨漏りが発生したため、屋根の防水改修工事を行うための費用を計上。

その他、教育委員会委員等の人事案件など、いずれの議案も可決致しました。

12/3(火)に行った一般質問の概要を、掲載いたします。

 

一般質問20191203-1

 

 

「災害から市民を守る取組みについて」

 

【質問】 地震による家屋倒壊、津波被害に対する対策状況を尋ねる。

 

(答弁) 平成25年度時点の住宅耐震化率85.2%を令和2年度末に95%にする目標を掲げ、耐震補強工事の補助金などの施策を周知するため、市職員による戸別訪問を行い、平成30年度末の住宅耐震化率は88.2%となっている。

平成29年度から、民間施設を対象に津波避難ビルの指定を拡大し、津波避難ビルは現在28施設、収容人数の合計は約2万8千人となっている。

 

【質問】 浸水被害想定等の見直しによる「内水ハザードマップ」更新は行うのか 、尋ねる。

 

(答弁) 近年、内水氾濫による浸水被害が増えていることから、今後は浸水シミュレーション結果等を用いたマップの更新を検討していく。

 

【質問】 道路のアンダーパス(地下道)等の浸水危険標示について、夜間や豪雨でも見えるような、危険性を分かりやすく示す標示版の設置が必要であるが、その取組みについて、尋ねる。

 

(答弁) 冠水の可能性が高い14箇所の地下道には冠水注意喚起看板を設置しているが、このうち1箇所で電光掲示板、1箇所で回転灯と水位表示板を設置している。

今後、地下道利用者が夜間でも冠水注意看板を視認できるよう、改良を随時進めていく。

 

【質問】 お湯が沸かせない状況などでも対応出来る「液体ミルク」が、国内でも製造販売されるようになり、県でも備蓄をするようになったが、本市でも避難所などに備蓄すべきではないか。

 

(答弁) 液体ミルクは、粉ミルクの備蓄を補完するものとして、導入を検討していきたい。

 

【質問】 災害救助法による「生活必需品給与制度」があるが、周知不足により、知らないまま過ごす人もいるとの指摘がある。 周知への取組みを尋ねる。

 

(答弁) 発災後すぐに被災者に対し、生活必需品給与制度など、様々な支援制度の周知が図れるようパンフレットを作成する。

 

 12/3(火)、鈴鹿市議会本会議が再開され、議案質疑、一般質問が行われました。

 

一般質問20191203-5

 私は、一般質問4番目に登壇し、「災害から市民を守る取組み」について、質問させて頂きました。

 

一般質問20191203-1

 

 

  1. 災害から市民を守る取組みについて
 (1)地震、津波、豪雨等自然災害による被害想定と課題、対策について
 (2)災害時の共助について
 (3)避難所運営と備蓄、緊急車両等について
 (4) 災害救助法による「生活必需品給与制度」について
 (5) 市民への情報発信について

 

 

一般質問20191203-3

  11/25(月)、鈴鹿市議会本会議が再開され、12月定例議会の会期を12月20日までの26日間とすることを決定しました。

 

12月定例議会

 

  市長から「令和元年度鈴鹿市一般会計補正予算(第4号)」等、提出議案の提案説明がありました。

 

 本会議は、ケーブルテレビ(112ch)で生放送されます。

 

<令和元年12月定例議会会議日程>

 

11月25日(月) 提案説明

12月3日(火) 議案質疑、一般質問

12月4日(水) 一般質問

12月5日(木) 一般質問

12月6日(金) 一般質問

12月9日(月) 一般質問、委員会付託

12月20日(金) 委員長報告、討論、採決

 

 

image

 

 

 11/21(木)、公明党鈴鹿市議団として、来年度の予算編成に当たり、15部局に対して 170項目にわたる 予算要望書を、末松則子市長に手渡しました。

 

image

 

 予算要望書は下記をご覧ください。

2020年度予算要望

 

 11/13(水)、鈴鹿市役所12階大会議室で、「第11回 議会報告会」を開催致しました。

 議会報告会20191113-1

 

 

 平成24年に制定した「鈴鹿市議会基本条例」に基づき、毎年開催している議会報告会も、11回目となりました。

 

 第1部では「常任委員会の所管事務調査報告」を行い、第2部では議会に関するご意見を広くお聴き致しました。

 

私は、地域福祉委員会を代表して、本年度の委員会所管事務調査事項から、「幸齢社会」について、報告させて頂きました。

 議会報告会20191113-2

 

 

 夜分にも関わらず、多くの市民の皆様にご参加頂き、貴重なご意見等を賜りました。

 

 心より感謝申し上げます。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp