街頭20190427-1

 

 『公明党は、結党以来、福祉の向上とともに、教育・子育て支援に取り組んできました。』

 

 街頭20190427-4

 

 

  『前回の衆議院選で重点政策に掲げた、「幼児教育の無償化」も、今年10月から実施をされます。 幼児教育が無償化になる子どもは、全ての3~5歳児と、住民税非課税世帯の0~2歳児です。 幼稚園、認可保育所、認定こども園に加え、認可外保育施設や幼稚園の預かり保育も対象になります。』 

 

 街頭20190427-2

 

  『保育所の待機児童対策として、公明党が強力に推進し、認可保育所の整備など保育の受け皿拡大が大きく進んでいます。 「待機児童解消加速化プラン」で掲げた“2017年度末までの5年間で50万人分の保育の受け皿拡大を進める”との目標を達成し、53.5万人分の拡大を実現しました。 政府は、さらに、待機児童の受け皿を2020年度末までの3年間でさらに32万人分を整備する取り組みを進めています。』

 

 街頭20190427-3

  『また、私立高校授業料の実質無償化は、年収590万円未満の世帯を対象に、2020年度までに実施されることが決まりました。』

 

 『2017年度に創設された返済不要の「給付型奨学金」も、公明党が、その創設を1969年の国会質問で取り上げて以来、一貫して訴え実現したものです。 来年4月からは、所得が低い世帯の子どもの「高等教育無償化」に向け、給付型奨学金は授業料減免と併せて大幅に拡充されます。 経済的理由などで、今までは諦めていた大学などへの進学への道が開かれるようになります。』

 

  『これからも、公明党は、国と地方のネットワークを生かして、教育・子育て支援、高齢者福祉の充実、安全で安心して暮らせる社会を目指してまいります。』

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp