平成29年9月定例会で行った一般質問の概要を、数回に分けて掲載いたします。

 

 

一般質問20170907

1. 防災対策について

(1) 木造住宅耐震化について

 ① 木造住宅耐震化の現状と課題について

 

<質問> 

 本市の「木造住宅耐震化について」尋ねる。

 

 

 資料1

 

 「鈴鹿市耐震改修促進計画」によると、平成25年度末の耐震化率は85.2%、平成27年度末の推計値で、86.5%となっている。そして、計画として平成32年度末に 95.0%にする目標を掲げているが、耐震化率の目標達成に向けての取組みと課題について尋ねる。

 

 

 

<答弁>

 昨年度末に「鈴鹿市住宅耐震化緊急促進アクションプログラム」を策定し、本年度から「一般社団法人・三重県建築士事務所協会 鈴鹿支部」に協力頂き、対象となる住宅を直接訪問し、耐震化の啓発を行う取組みを開始した。

 

 これまでに、津波浸水予測区域である磯山地区・若松地区で約1800棟戸別訪問し、その約6%に相当する119件から耐震診断申込みがあった。

 

 一方、戸別訪問を行ったところ、空家と思われる住宅も多く、中には管理不全なものもあった。

 

 周辺住民から苦情のある空家については、所有者に通知を行うほか、除却工事の補助制度についての案内を実施している。

 

 戸別訪問を行うことにより、耐震補強工事に対する国の補助金が本年限り1件当たり15万円増額されることで耐震補強工事の補助申し込みが増え、また、空家対策の影響を受けて除却工事の補助申し込みが増えている。

 

 所有者が高齢世帯である場合も多く、費用負担も必要であることから、耐震化に踏み切るのが難しい場合もあるが、普及啓発に努め、更なる耐震化を図ってまいりたい。

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp