Archive for 2016年 11月

 11/26(土)、池上茂樹・船間涼子鈴鹿市議、森美和子・新秀隆亀山市議と共に、鈴鹿市と亀山市で、街頭遊説を行いました。

 

 街頭

 街頭0

 児童虐待防止、年金受給資格の納付期間を10年に短縮、給付型奨学金の創設など、公明党の取組みを紹介させて頂きました。

 

街頭1

街頭2

 11/24(木)、鈴鹿市議会・12月定例会が開会しました。
 
 
議場
 
 
 
 
 会期は、11月24日(木)~12月22日(木)までの29日間です。
 
 
議案
 
 
 
 
 臨時福祉給付金を含む一般会計補正予算など、7議案が上程されました。

 11/9(水)、 鈴鹿市議会・議会運営委員会で、堺市の「議会改革の取り組み」について、視察をさせて頂きました。

 

堺市議会

 

 委員間討議、委員会ネット中継、トークカフェ(議会報告会)など、先進的な取り組みを学びました。

 

 京都市議会

 

 11/10(木)には、京都市の「通年議会」について、視察をさせて頂きました。

 

 お忙しい中、対応頂きました両市議会関係者の皆様に、感謝申し上げます。

 

 11/1(火)、三郷市議会・公明党の皆様が、「救急情報ネックレス」視察のため、鈴鹿市役所へ来庁されました。

 三郷市議会公明党

 

 

三郷市議会公明党01

 「救急情報ネックレス」は、公明党の提案によって全国で配布が進んでいる「救急医療情報キット」を、外出先でも応用できるようにと鈴鹿市の消防職員が考えて、独自に作り上げたシステムです。

 

 救急情報ネックレス

 ネックレスには、消防本部が独自に割り振ったナンバーが印字されており、救急時に登録ナンバーを消防本部に照会することで、名前・連絡先・持病・かかりつけ医などの情報を検索することが出来ます。

 

 ネックレスは常に身に付けてもらえるよう、肌に優しいシリコン製で、個人情報を守るため、台帳を基に消防が新たに番号を設定し、消防本部でのみ情報が把握できる仕組みになっています。

 

 災害時要援護者台帳に登録されている方を対象に、平成24年度から全国に先駆けて無料配布を開始しました。

 

 これは、「外出先でも要援護者等の医療情報が把握できるように、携帯用の救急医療情報キットの導入及び普及をすること。」との公明党鈴鹿市議団の要望に、鈴鹿市消防本部が応えて実現したものです。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp