11/13(木)、兵庫県豊岡市で、持続可能な地域公共交通の取組みについて、視察させて頂きました。

 

 豊岡市では、民間路線バスの利用者数減少傾向に歯止めをかけるため、運賃上限200円バスの社会実験運行を実施し、通勤・通学便の増発を行うとともに、新高校生に対する出前講座、地元地域への戸別訪問、キャンペーン及び、道の駅などと連携した割引サービス等によって、利用者数が4割増加するなどの効果をあげました。

 地区の乗車運動の広がりによって、地域の活性化にも繋がったとのことです。

 

 お忙しい中、対応頂きました皆様に感謝申し上げます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp