4/25に相模原市で視察させて頂きました『使用済小型家電リサイクル事業』について、記載させて頂きます。

   相模原市では、環境省から認定を受けた国のモデル事業として本年3月に、この事業を開始致しました。

   モデル事業の認定を受けたことにより、回収ボックス25台(270万円)や事業周知のための広告費(300万円)など、ほとんどの初期費用を国の費用負担で賄うことが出来ました。

 平成25年4月~平成28年3月までの3年間は、市独自のモデル事業として継続して実施をします。

    回収方法は、市・区役所やクリーンセンター、家電量販店など市内16ヶ所に設置した回収ボックスからの回収と、リサイクルフェアなど市のイベント会場での回収の2つがあります。

    回収ボックスは、人目や防犯カメラのある屋内に設置されており、施錠はもちろん携帯電話専用投入口からの抜取りが出来ないなど防犯対策が施されております。

 

    3月一ヶ月間の回収実績は、当初予想の6倍となる約800kgでした。(4月も約1tとなる見込みです。)

    回収したものは今後認定事業者に売り払う予定ですが、現時点では事業者は未確定です。(7~10月頃確定予定)

 回収の対象となる小型家電は、以下の16品目です。

 1.電話機、2.携帯電話、3.PHS、4.ビデオカメラ、5.デジタルカメラ、6.MDプレーヤー、7.携帯音楽プレーヤー(フラッシュメモリー)、8. 携帯音楽プレーヤー(HDD)、9.CDプレーヤー、10.テープレコーダー(デッキ除く)、11.ICレコーダー、12.電子辞書、13.据置型ゲーム機、14.携帯型ゲーム機、15.VICSユニット、16.ETC車載ユニット。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp