昨日(4/15)、鈴鹿市議会「全員協議会」が開催され、4/24(水)に行う『議会報告会』について協議致しました。その後、各会場を担当する3つの班に分かれて、打ち合わせを行いました。

 『議会報告会』については各自治会の回覧及び、鈴鹿市議会のホームページでお知らせをしておりましたが、議会報告会が行われる各会場(白子地区市民センター・稲生公民館・長太公民館)にも案内ポスターが掲示されました。

 「議会報告会のご案内」は、鈴鹿市議会HPをご覧下さい。

 ホーム  >  トピックス  >  議会報告会を開催します。

http://www.city.suzuka.lg.jp/gikai/topics/files/64.html

 午後からは、議員有志による財政の勉強会に参加し、財政課から「臨時財政対策債」について詳しい説明を受けました。

 * 「臨時財政対策債」 ・・・ 従来、地方交付税の財源不足分は国債を発行して補填する方式であったが、地方自治体が特別の地方債(臨時財政対策債)を発行して補填することを認める方式に改められた。臨時財政対策債は、形式的には各地方公共団体の借入となるが、実質的には元利償還金全額が後年度の地方交付税に算入されるため、地方交付税と同様に一般財源として扱われている。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp