昨日(3/31)、内閣府で「南海トラフの巨大地震モデル検討会」の第15回会合が開催され、「南海トラフの巨大地震による震度分布・津波高について(第1次報告)」が発表されました。

  これは、「今後、地震・津波の想定を行うに当たっては、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの巨大な地震・津波を検討していくべきである」との考え方に沿って推計したものとのことです。

  しかし、「今回の推計結果は、決して、南海トラフ沿いにおいて、次に起こる地震・津波を予測して検討したものではない」と述べられ、「現在の科学的知見の下で、今回推計し設定する最大クラスの地震・津波の発生確率、そしてその発生時期の予測をすることは不可能に近い」とも述べられております。

  そして、「本推計が、事前の備えの一つとして、今後の防災対策の充実、強化の契機となることを期待する」と前文を結んでおります。

  詳細については、内閣府のホームページ「南海トラフの巨大地震モデル検討会」で閲覧出来ます。

 

http://www.bousai.go.jp/jishin/chubou/nankai_trough/nankai_trough_top.html

  今回のマグニチュード9.1での想定見直しによる、三重県の主な市の震度・津波高は、以下のとおりです。

    震度   津波高  
  基本ケース 最大クラス 2003中央防災会議 最大クラス 2003中央防災会議
桑名 6強 6強 6弱 3.3 2.2
四日市 6強 6強 6弱 3.6 2.4
鈴鹿 6強 7 6強 4.4 2.7
6強 7 6強 4.8 2.8
松阪 6強 7 6強 4.8 3.2
伊勢 7 7 6強 7.3 4.9
志摩 7 7 7 24.0 9.2
鳥羽 7 7 7 24.9 8.2
尾鷲 7 7 6強 24.5 8.0

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp