税外収入を確保 !

公共施設のネーミングライツ(愛称の命名権売却)を提案し、「鈴鹿市立体育館」と「石垣池公園陸上競技場」に対して応募があり、それぞれ年額300万円と200万円で、6年間総額 3000万円の税外収入を確保しました。

施設愛称名 (平成28年4月~)

「鈴鹿市立体育館」     ⇒ AGF鈴鹿体育館

「石垣池公園陸上江競技場」 ⇒ AGF鈴鹿陸上競技場

 

AGF鈴鹿体育館・陸上競技場

 

公用車カーリース導入で、経費の削減と業務を効率化 !

  経費削減と管理業務の簡素化のために公用車のカーリース化を提言したことにより、平成25年度入れ替え分から、公用車の一部をカーリースで導入しています。

 

★ 3歳以下の乳幼児を対象にした「医療費窓口無料化」を、平成29年4月から開始 !

(平成31年4月から、対象を就学前までに拡充)

 平成27年2月に、市長に提出した要望書の中で、「子ども医療費助成を通院中学校卒業まで拡充するとともに、窓口での一時払いが不要となる現物給付制度の導入を進めること」を要望し、実現しました。

 

全ての5歳児を対象とした集団適応健診の実施 !

  発達障がい等を早期に発見して、スムーズな就学につなげるための集団適応健診が、平成30年度から満5歳になる市内全ての子どもを対象に実施。

 

「すずか健康マイレージ」がスタート!

  市民の積極的な健康づくりを後押しするため、健康づくりの取組をポイント化して、市民に還元する「健康マイレージ」事業が、平成30年7月から開始されました。

 

★無料胃がん検診対象者に、「胃がんリスク検診(ピロリ菌検査)」実施 !

予算要望と一般質問により、平成26年度から、「胃がん検診無料クーポン券」の対象者(40、45、50、55、60歳)に対して、「胃がんリスク検診(ピロリ菌検査)」を、胃がん検診とセットで希望者に実施しています。

胃がんリスク健診

 

 

★高齢者のボランティア活動に、ポイントを付与!

 65 歳以上で、要介護・要支援認定を受けていない方が、市が指定する高齢者施設でボランティア活動に参加することで、ポイントを溜めて換金できる「いきいきボランティア」制度を、導入しました。(平成28年4月~)

 

 

小中学校体育館のつり天井と、窓ガラス飛散防止、家具転倒防止を早期に実施 ! 

 

「災害時の公共施設における安全対策を求める要望書」と一般質問により、つり天井改修の前倒しと全ての体育館の窓ガラス飛散防止、教室などの家具転倒防止を実現しました。

 

子どもと高齢者の命を守る予防接種の公費助成を実現 !

 

◎「高齢者の肺炎球菌予防接種の一部公費助成」

  平成24年度から65歳以上の方を対象に、一回の接種に 3000円を助成。

  (一回の接種で5年間有効とされており、助成は生涯一回)

 

◎「ロタウイルスワクチンの接種費助成」

  平成28年度から、2回接種ワクチン1回4500円、3回接種ワクチン1回3000円を助成。

 

 ロタウイルスワクチン

 

 

★「内水ハザードマップ」を、全戸配布!

 

 「浸水対策にかかる緊急要望」と一般質問により、過去の大雨・集中豪雨による浸水被害地域を示した「内水ハザードマップ」を作成し、全戸配布とホームページでの公開を実現しました。

 

 内水ハザードマップ

 

★鈴鹿市版・ご当地婚姻届のダウンロードサービスを導入 !

市民会館ホールに、聴覚障がい者に災害発生を知らせる電光掲示板を設置 !

メルモニの情報配信に、「子育てメール」を追加!

★小中学校全教職員を対象に、アドレナリン自己注射薬エピペン研修を実施 !

要援護者向け「救急情報ネックレス」の無料配布を開始!

★文化会館の空き室状況をホームページに掲載 !

★ 住宅金融支援機構と協定して、空き家改修の補助金で連携 !

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
鈴鹿市 藤浪清司
s-fujinami@able.ocn.ne.jp