調査目的

1.施設を通した行政サービスの現状と分析
1)資産の有効活用の必要性
2)人口の推移
3)財政状況(歳入、歳出)
4)公共施設の建築年別整備状況
5)白書作成の目的  ほか

マネジメント白書ほか

会議室にて研修

 

担当者と意見交換

藤沢市は施設の老朽化、設備や機能の陣腐化、利用者ニーズの多様化や人口動態の変化、社会情勢の変化、厳しい財政等踏まえて計画的な施設の再整備や長期的視点からの改修計画.維持管理計画などを市民の視線から検証する必要があるとの事で公共施設マネジメント白書を作成しました。前から我が会派も墨田区に対して施設の有効利用等行政サービスの向上を訴えてまいりました。財政等大きな問題もありますが、区民の声をしっかり行政に繋げてまいります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
カレンダー
2011年7月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
外部リンク
サイト管理者
墨田区 甚野博義
jinno-s-komei@polka.ocn.ne.jp