バックナンバー: 2013年 3月

28日付けの公明新聞に、以下の記事が掲載されました。全文を紹介させて頂きます⇒

 女性と子どもに対する暴力をなくそうー。大阪府吹田市はこのほど、独自に作製した「W(ダブル)リボンバッジ」を販売している。このバッジは、「女性に対する暴力をなくす運動」と「児童虐待防止運動」のそれぞれのシンボルマークである、パープルリボンとオレンジリボンを組み合わせたもの。1個300円で、市役所か男女共同参画センターで購入できる。2000個が容易され、すでに約1100個が売れているという。同センターの岸上弘美所長は「被害に遭っている人に『あなたはひとりではない』というメッセージを届けたい」と語っている。市議会公明党(野田泰弘幹事長)の井上真佐美議員は、昨年3月の定例会で女性への暴力や児童虐待を防ぐ一助として、同バッジの普及を訴えるなど推進してきた。

このバッジの普及により、暴力や虐待をなくす輪が広がるよう期待します!

1日(金)から3月議会が始まり、11日(月)に一問一答形式で個人質問を行いました。

質問内容は以下の項目です。

(1)安心、安全な学校教育環境について                                                                                ①体罰の実態と対応について
②いじめ対策の強化へ                                                                                                                 ③相談できる環境づくりの取組

(2)男女共同参画社会への取組について
①男女共同参画社会の現状と課題(内閣府世論調査より)
②女性市職員の管理職登用の割合について
③働きながら子育てできる環境整備を

(3) こどもプラザ事業について
①事業予算額の縮小について
②「太陽の広場」の考え方
③子供育成の視点からの取組

詳細は、録画中継をご覧ください。⇒http://www.discussvision.net/suitasi/index.html

3日(日)、「女性の健康週間」(1~8日)記念のひなまつり街頭を行いました。JR吹田駅北口にて、三浦府議、吹田・摂津市の女性議員とともに、寒風の中、公明党が実現した女性の健康を守る政策を紹介させて頂きました。大変寒い日で、コートの上からブルゾンを着ていましたので、みんな着膨れしています・・・

2月28日(木)、公明党吹田市会議員団と三浦府会議員で、阪急山田駅前にて、恒例の朝の街頭演説を行いました。3月議会を目前に、公明党の政策や、吹田市の課題等を皆さまにお訴えさせて頂きました。

久々の投稿になってしまいました。スミマセン…