福祉環境常任委員会の視察2日目(14日)は品川区に行き、区の総合的な待機児童対策についてお聞きしました。
品川区では、待機児童対策として、既存施設の活用と併せて教育委員会と連動して小学校等の学校施設を活用し定員拡大を図ったり、家庭的保育事業の再構築、認証保育所の利用料助成と家賃補助制度の実施、民立民営の保育園の開設等、様々な施策を総合的に展開されています。
また、幼保一体施設の品川区立「北品川すこやか園」の現場を実際に見学させていただき、活発な質疑応答が行われました。

コメントは受付けていません。