13日(月)、吹田市福祉環境常任委員会で、平塚市で実施されている「町内福祉村」の事業について、行政視察を行いました。

「町内福祉村」とは、地域住民の皆さんが主体となって、市や関係団体と協働する「地域における支えあいのしくみ」です。実際の福祉村(おかざき鈴の里)の現場も見せていただき、運営されている方々のお話を伺いました。
介護保険制度や公的なサービス以外に、身近な生活支援活動やふれあい交流活動を通して、高齢者支援、子育て支援を地域のボランティアの方々が支えていらっしゃるこの取り組みは、大変素晴らしい制度であると感じました。

コメントは受付けていません。