バックナンバー 2013年 8月

7日の夜はいつものとおり、良く食べ良く飲みました。そして早寝早起きで徒歩で県庁へ。赤レンガ庁舎を横に眺めながら、議会棟に向かいました。ここでは航空局、観光局、環境局の職員の皆さんからお話をお聞きしました。国内ばかりでなく、世界から観光客の訪れる、あこがれの北海道。本当にうらやましいですね。ただすべての機能が札幌へ一極集中しているところにかなり無理があるようです。昼食は2班に分かれました。私と高田さんは北海道に来たのだから一度は、と迷わずラーメン屋さんへ。味噌ラーメンと半チャーハンのセットを頼みました(¥980)。新千歳空港でJAが産直市をやっていて、見つけました「ピュアホワイト(白いトウモロコシ)」。これも迷わず3本購入しました。控室の妙子さんとさっちゃんへのおみやげです。東京に着いてから悲劇が起ったのでした(ひかり喫煙車事件)。

6日の宿泊は、小樽運河沿いのホテルソニア。トップシーズンだけに料金はそれなりでした。午前中、小樽観光大学校、NPO法人北海道職人義塾大学校の2か所を訪問しました。小樽には台湾からの観光客が一番多いということで、意外でした。一介の漁村から北海道有数の観光地に変身した小樽ですが、明治期以降の建造物がたくさん残されていることも人気の秘密のようです。職人義塾ではたくさんの子供たちに伝統技術を伝える講座を毎年行っています。ただ後継者育成につなげることはいずこも同じで困難なようです。昼食はドライバーさんお薦めの寿司屋さん。高かったけど、感動はなかった。「名物に旨い物なし」。約1時間かけて札幌へ。NPO法人シーズネット訪問。高齢者に生きがいを与える事業(サークル活動の場)と住宅情報を提供する事業に取り組んでいました。宿泊は札幌駅前のセンチュリーロイヤルホテル。ホテルソニアと同じくらいの料金とは思えないくらい、立派なホテルでした。写真左は小樽観光大学校のある商工会議所の玄関。右は職人義塾の皆さんです。

6月定例会終了後、ゆっくりする間もなく、計画通り会派視察に出掛けました。8月6日、静岡駅出発8時11分ひかり。品川駅京急改札口で蓮池、早川両県議と合流、羽田発11時30分のJALで新千歳空港に向かいました。昼食はなぜかいつもの通りカツサンド。この日は、札幌郊外の自閉症発達障害児自立支援センター「おがる」と自閉症者自立支援センター「ゆい」を訪問しました。写真はこの日泊まった小樽の繁華街の一コマです。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
静岡県 前林孝一良
k_maebayashi@ybb.ne.jp