バックナンバー 2013年 5月

今回は掛川市城西の中西屋食堂さんです。食べログで検索した中で、なんとなく選ばせていただきました。住所がわかっていて、カーナビがついている長女のタントで行ったからたどりつきましたが、非常に分かりにくいところにありましたし、申しわけないけど、プレハブ小屋みたいな店舗(テーブル2台、カウンター4席)で、正直言って驚きました。ラーメン大盛り¥650也。最大の驚きは、チャーシューの量(4枚)。薄いチャーシューに慣れている私にとって、こちらのチャーシューは肉の塊。中には厚さ1センチ幅の、存在感のあるチャーシューもいらっしゃいました。これでチャーシューメンを頼んだら、なにが出てくるんだろうと思ったくらいです。チャーシューがお好みの方は感動するでしょう。「三丁目の夕日」に出てきそうなラーメン屋さんでした。

5月31日、テレビコマーシャルに誘われて、初めて掛川市原里の加茂花菖蒲園を訪問しました。梅雨入りしたにもかかわらず、本日は快晴。またしても初夏の厳しい日差しにさらされて、辛い思いをしました。しかし、日差しのおかげで、菖蒲、アヤメ、カキツバタは最高の彩りを見せてくれました。入場料¥1050也。しかし結果として、その価値はあったと思います。富良野のファーム富田にいった時感じた以上の感動を覚えました。菖蒲が終わると、アジサイと交代するそうです。あと一カ月後、また来てみたいと感じました。県内にもまだまだ知らない名所がありますね!

25日、午後は総合社会福祉会館で行われた県日中友好協会の総会に参加しました。今回は来賓参加は、国会議員が上川さんと新人の宮沢ひろゆきさん(一部中国語のスピーチ、なかなかでした)、県議は会長の渥美さんは別にすると、蓮池さんと私の二人でした。自民党の二人の席が空いていました。参加の通知を出しながら欠席するのは相手に失礼だと思います。特に静岡市の若手の議員さん、ドタキャンのケースが多いようです。会場に向かう途中、駿府城公園の中堀で見かけた光景です。亀さんたち、気持ちよさそうですね!

5月25日、清水港のマリンビルで恒例のフラワーショー&インポートバザールが開催されました。今年で14回目ということです。実行委員長の話によると、清水港開港100周年の際、現知事が講演をされたそうで、それをきっかけに、清水を「フラワーシティー」として町おこしをしていこうと企画された事業だということでした。毎年、素敵なオブジェが飾られますが、今年も例年以上にすばらしいものでした。写真のとおりです。お花のプレゼント、ありがとうございました。

島田まで出かけて行ったのですから、ランチは久しぶりに「うなぎ」です。事前にYAHOOでチェック。ベスト5に挙げられていた「うな誠」さんを訪れました。本日最初の客でした。駐車場の上がお店。窓が開放してあり、気持ちのいい風で、バラの丘公園散策で熱を帯びたからだをクールダウンです。メニューは写真のとおり。うな重上¥2200を注文しました。厨房につづくドアから、大将が炭火でうなぎを焼いている様子がうかがえました。出来栄えはこれまた写真のとおり。気持ちとしては「ご飯が隠れている」うな重であってほしかった。「特」にすればご飯が隠れましたかね?お味はGOOD。甘みは苦手なので、美味しくいただきました。充実した半日でした。午後は仕事に復帰しました(バラの丘公園も一応「視察」ということでご理解ください)。

5月23日(木)、休日の混乱を避けるため午前中の時間を割いて、島田市のばらの丘公園に出かけました。ウィークデイとはいえ、高齢者集団は殺到する恐れがありますので、朝9時半に出発、バイパスをスムーズに進んで、10時ちょっと過ぎには公園に到着しました。この判断が正解でした。五月晴れは良かったのですが、公園内の日陰と言えば、温室。暑さを避けることができず、1時間とは公園内にとどまることはできませんでした。ただ、たくさんの種類のバラを楽しむことができました。プリンセスミチコやシャルル・ドゴール、J・F・ケネディー、カトリーヌ・ドヌーブ、そうそうプリンセスダイアナの名を冠したバラもありました。ブルーのバラやグリーンのバラも良かったですね。天候さえ許せば何時間いても飽きないと思います。でも太陽が出ていてこその色彩かもしれません。皆さんも、早めにおいでになった方がいいと思います。フェスティバルはたしか6月半ばまで開催されています。ちなみに入場料¥300です。

我が家の2匹のペット、プンとペッペです。プンが兄、ペッペが弟ということですが、プンが貫禄がある行動を取る一方で、ペッペはいつまでたってもやんちゃ坊主です。我が家の家族全員で癒されています。ペッペは常に家からの脱出を狙っていますが、いろんな意味で危険な屋外には出せません。十分にかわいがっていますので、大人しくしていてください。

5月15日、川原自治会連合会の皆さんと、静岡土木事務所の伊藤敏男所長を訪ねました。これは毎年恒例の行事で、丸子川の水害予防のための地元の要望を直接事務所に伝えるために実施しています。中心者の下平さんから、数点の課題が報告されましたが、河川改修という大きな要望に対しては、事務所側としては、認識はしていてもなかなか首を縦に振ってはいただけないというのが実情でした。少なくとも、平成15、16年のあの水害だけは防ぐような地道な努力はお願いしたいと思います。ちなみに公明党がネットワークを生かして勝ちとった、地下貯水槽(1万3000トン)の工事が始まりました。写真は中央が伊藤所長です。

父が亡くなって15年になります。墓参りに行こうといつも思うのですが、富士山のふもとに行くのならやはり天気の良い時に、ということで日を選んでしまい、なかなか実行できないのが現実です。本当はお彼岸の時期がいいのですが、今年は静岡市議選と重なりました。ということで、6日、思い切って出かけました。場所は富士宮市の富士桜記念墓地公園。家を10時半にでて、昼食は当然、「蒲原館」のラーメン。墓苑到着はちょうど12時でした。天候は快晴、まだ八重桜が残っていました。久しぶりに好物だったビールを上げましたが、いかがでしたか?

安倍川河口からは堤防沿いに北上です。途中、東名高速のノリ面に完成した津波避難用の階段を確認してきました。東海地震が発生して予想される津波は10メートルほどの高さですが、実際どの程度の規模になるのでしょうか?ただ備えは必要です。海岸部の皆さん、地震が起こったらすぐに避難です。どこに避難するかは家族で相談しておいてください。ということで、自宅到着は13時30分。12キロメートルほど歩いたでしょうか。最後は右ひざが少々悲鳴を上げていました。また時間を見つけて挑戦することにします。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
静岡県 前林孝一良
k_maebayashi@ybb.ne.jp