バックナンバー 2013年 1月

25日の夜は遅くまで西湖の夜を楽しんだ方々もいたようです。私はハイアットリージェンシー杭州(杭州凱悦酒店)のマイルームでゆっくりさせていただきました。26日は雨でした。この日は帰るだけ。ホテルからバスで杭州駅へ。高速鉄道で一路上海虹橋駅へ向かいました。約1時間の列車の旅でしたが、初めての高速鉄道は快適でした。料金は123元(1700円ほど)2等車は半分の料金だそうです。隣りはガイド兼通訳の黄倩華(ホァンキンハ)さん。もちろん日本語はペラペラ。9歳の男の子がいて、もしかしたら2月に一緒に来日するかもしれないとのことでした。当然のことながら、静岡への訪問を勧めました。ホテルの手配は自分で、ネットで行うそうです。上海虹橋空港は初めての利用でしたが、羽田便があるということはいいことですね。中国東方航空との共同運航のJALに搭乗しましたが、帰国する日本人でほぼ満席でした。写真の隣りは薮田宏行議員です。

25日午後はいよいよ30周年記念行事でした。会場は西湖畔の杭州花家山荘(静岡県が1億円出資したリゾートホテル)。ここには平成12年の派遣の際に宿泊しています。14時から3号楼で、浙江省人民代表大会幹部を表敬訪問しました。ついで15時から2号楼で記念式典が開催され、セレモニーの後、今後の交流協定の調印式が行われました。教育分野では、静岡高校の水元校長や静岡城北高校の梅原校長などが調印に臨みました。写真の隣りは中沢通訓議員です。その後、静岡県からのピアノ(ヤマハ製、2000万円とのうわさ)の贈呈に際して、浙江省交響楽団のメンバーによるアンサンブル演奏が行われましたが、さすがに素晴らしい演奏でした。18時から歓迎宴。双方で数百人の参加者でにぎわいました。ただ両脇の方(浙江省人民政府の幹部)と会話ができなかったことが残念でした。パーティーが最大に盛り上がったのは、「北国の春」に対して本県として「富士の山」でお返しをした時でした。めでたしめでたし。

信濃町で大学時代の友人たちの集まりがあり、1月25日(金)、東京に出かけました。時間に余裕があったため、新静岡センター(セノバ)から高速バス「駿府ライナー」を利用しました。10時5分出発、清水インターから東名高速道路に入って、用賀インターで高速を降り、新宿駅東口に着いたのは13時。予定より20分も早い到着でした。しかも料金は早割とネット割(5%)を利用して¥1900.時間のある場合はおすすめです。この日は何の予定もなく、そのまま駒場キャンパスに向かいました。新宿から渋谷へ、渋谷から井の頭線で駒場東大前下車。久しぶりの訪問でした(少なくても20年以上)。時計台とポプラ並木は当時のまま。駒場寮が取り壊されたあとには、立派な図書館と学生ホールが建てられていました。よく早朝に壁打ちをやった第2体育館には壁に並行して植樹してあり、高さも5メートル以上。時の経過を感じました。私が住んでいたのは裏門の正面。渋谷区神山町22-10にはすでに「さくら荘」はなく、立派なマンションと化していました。松濤のお屋敷街を歩いて(本郷に通った通学路)を歩きましたが、松濤公園も様変わりしていました。もう40年も前に住んでいた地域です。

21日は曇天。宿舎の倉敷国際ホテルから倉敷市役所まで歩きました。思ったより長距離でした。教育委員会文化財課の方と観光課の方にお話を聞きましたが、観光のまちづくりは大変ですね。景観を保つためには住民は勝手なことはできないし、補修するにしても100%補助があるわけではないので、市民の理解を得ることは生半可なことではないと感じました。市役所は10時半に別れを告げて、岡山経由で広島に向かいました。昼食は駅の構内のレストランで広島風お好み焼き(¥800)。昨日は私がネットで探した「小豆島ラーメン ひしお」でした(ひしおそば¥680、ちなみにここでは替玉何回でも無料、お薦めです)。タクシーでまずホテルへ。荷物をフロントに預けて県庁へ。小型家電の改修事業について、県民局循環型社会課長の児玉さんからお話を聞きました。成果が上がることを期待します。午後の2番目は広島名物の路面電車を運営する広島電鉄訪問です。県庁から電車に乗って(¥150)本社に向かいました。さすがは「路面電車の博物館」というだけあって、各地(ドイツからも)から集められた電車が元気に走っていました。写真は被爆電車です。最新鋭の電車の運転席に座らせていただきました。三田さん、山広さん、ありがとうございました。22日はジャンボタクシーで安芸高田市へ。市役所で企画振興部の竹本課長さんから市庁舎で採用している地中熱の利用システムについてご説明いただきました。冬は暖かく夏は涼しい地下熱を利用して省エネを図るシステムは一般住宅でも導入すべきと思いました。とんぼ返りで広島駅へ。時間がなくて昼食は車内。私はサンドイッチ(¥247)とミネラルウォーターいろはすリンゴ。お疲れさまでした。

1月20~22日、久しぶりに会派の全員で視察に出かけました(正確には20日は前林、早川、高田。21日は蓮池、盛月が加わりました)。20日は日曜日ということもあって、翌日の市役所訪問に先んじて、観光地倉敷の美観地区を散策しました。訪問したい観光地の上位にあるだけにさまざまな年齢層の観光客で一杯でした。大原美術館の前で、観光案内人(藤野さん)に声をかけられ、結局約1時間、案内をしていただきました。一人あたり¥500をお支払いしましたが、美観地区をすみずみまで説明付きで回ることができ、ラッキーだったと思います。大原美術館は2度目でした。30年以上前に、焼津水産高校の生徒たちと訪れましたが、5分で出てきた生徒がいたことを思い出しました。著名な作品が勢ぞろいで、地方にこれだけの美術館があるということは、言葉を換えれば、倉敷紡績がどのくらい利益を上げていたかを示すバロメーターでもあると思いました。市役所の方の話では、観光客の平均滞在時間は2時間だそうです。でもまた何年かしたら訪れてみたいと思う観光地ですね。

1月16日(水)、厚生委員会としてハンセン病患者さんの療養施設である、神山復生病院と国立駿河療養所(ともに御殿場市)を訪問しました。両施設は、本来厚生委員会の正副委員長が慰問する形をとってきましたが、今回は委員会のメンバー全員で訪問となりました。復生病院では入所者は7人になってしまいました。お会いできた大川さんは79歳。6歳のときに入所して以来73年をここで過ごされているということでした。亡くなった方々の墓地で献花させていただきましたが、猫が好きだったという患者さんのお墓に、愛猫の写真が刻んであったことが印象的でした。昼食は「御殿場時之栖(ときのすみか)」内の「茶目」でとろろ定食(¥1500)。食後周辺を散歩しましたが、家族向けロッジがたくさん並んでいる中にペットホテルがあり、写真のような表示がありました。

13日の総聯に続いて、今年も民団の新年会(14日、クーポール会館)に参加させていただきました。今年は横浜総領事李壽尊氏が参加されました。李総領事は昨年(?)県庁の控室に訪問してくださり、親しく話をさせていただきました。日本語は完ぺきです。頭が下がります。成人は一人しか参加されていませんでした。次期大統領の朴クネ女史からビデオレターが届いていましたが、これは初めてのことです。昨年、在日同胞の選挙権が行使されたことと関係があるのでしょうか?また、李明博大統領からの新年のメッセージが印刷物として配布してありました(日本語に訳されて)が、紹介されませんでした。大統領のメッセージが無視されたのも初めてのことです。第2部のパーティーはカラオケ大会でした。キムチの味は最高でした(マシッソヨ!)ありがとうございました。

12月25日(クリスマス)は7時起床。昨晩は緊張していたせいか、眠りが浅く、何回も目が覚めました。9時半、ホテル出発。バスにはちょっと乗っただけで、地下鉄に乗車しました。杭洲市に先月完成したばかりの新品の地下鉄1号線(浙江省最初)です。明らかに日本人と分かる集団だけにちょっと緊張しましたが、当然なにもありませんでした。杭洲杭港地鉄有限公司を訪問、コントロールセンターを見せていただきました。写真の撮影はご遠慮ください、との説明がありましたが、その時には撮影済でした。これから地下鉄網が張り巡らされるということです。きっとあっという間だと思います。昼食は西湖のほとり「楼外楼」。知る人ぞ知る老舗だそうです(なんでもニクソンと毛沢東が会食したとか)。ビールもちょっといただいて、満腹。30周年記念セレモニーの行われる花家山荘に向かいました。

1月13日、街頭演説を終えて清水区に向かい、静鉄新清水駅前のホテルサンルート清水で開催された総連の新春のつどいに参加しました。もう10年以上参加させていただいています。第一部は成人式。今年成人となる6人が紹介されました。やはりチマチョゴリは映えますね。写真一番右の女性が代表して決意発表を行いました。朝鮮語なので全く分かりませんでしたが、司会者によれば、両親、同胞に感謝しますから始まり、貢献できる社会人に成長します、という内容だったようです。委員長からは昨年の活動報告そして明年が静岡朝鮮初中級学校創立50周年であり校舎の改築が進められていること、この学校を拠点として同胞の結集を図っていきたいとの抱負が述べられました。主来賓はなんと私でした。正しい歴史観をもった青年が日朝双方に育ってほしいと述べました。乾杯に入りましたが、今年も車で参加したため、ウーロン茶で乾杯です。例年行われる歌謡ショーの途中で失礼しました。今年が日朝双方にとって少しでも良い年になりますように!

1月3日の新春街頭演説に引き続き、静岡駅南口スルガ銀行前で、成人の日記念街頭演説を実施しました。風もなく、街頭演説日和の温かい気候に恵まれました。3月24日実施の静岡市議選立候補予定者の岩崎市議そして井上市議のあいさつの後、大口善徳代表から国政の報告がありました。新年ではありますが、今はスピードが大事です。景気回復に向けてダッシュしてほしいと念願します。スルガ銀行の駐輪場に自転車を置いた方が、「公明党に入れたよ」と声をかけて下さいました。この方のような素朴な庶民によって公明党は支えていただいています。皆さん、本年もよろしくお願いいたします。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
静岡県 前林孝一良
k_maebayashi@ybb.ne.jp