バックナンバー 2012年 11月

11月23日(勤労感謝の日)、障害者芸術祭の開会式が呉服町の五風来(ごふく)館ホールで行われました。参加議員は薮田委員長と岡本護議員、そして私の3人でした。開会式に合わせて、県内授産所で考案・作成された作品の表彰式も行われました。雑貨と食品など4部門それぞれに県知事賞などが贈られましたが、雑貨部門の県知事賞、あじのひものをかたどった鍋敷き(¥250)を購入しました。どれもすばらしい、心のこもった作品だと思いました。

11月22日昼休み、待ちに待ったウクレレ奏者ハーブ・オータJRさんのコンサートが県庁別館の21階で開催されました。コンサートに先立って10時に森山副知事を表敬訪問しました。写真の真ん中でつまらなそうにしているのがジュニアです。ジュニアたちは今までも日本各地でボランティアでコンサートを開いており、静岡県では初めての開催となりました。会場には約70人ほどの市民が集まってくれました。この日は夜に静岡がんセンターでも演奏してくれました。静岡県とハワイ洲との架け橋になっていただきたいと期待します。

11月13日、交流大会に先立ち、母校東京大学本郷キャンパスを久しぶりに訪問しました。1973年入学、1977年卒業ですが、当時は学生運動の余波で、入学式も卒業式もありませんでした。写真は東大闘争で戦場となった安田講堂、そして私が学んだ文学部国史学科研究室の入口です。中央食堂で昼食(野菜ラーメン大盛り)を取りました。修学旅行(?)の高校生でいっぱいでした。

11月13日、都市センターホテルで全国都道府県議会交流大会が開催され、久しぶりに出席しました。本県からの他の参加議員は全員一期生。一応、先輩ということになりますね。講演会の講師は、毎日新聞論説委員長の倉重篤郎氏。テーマはまさに現在の政局。総選挙の予想は、自民公明で過半数、民主が百前後、いわゆる「第三局」が百程度、その他の小政党が40、ということでした。この数字は来月、検証させていただきます。

総選挙に向けて、党の広報活動が活発になりました。先月来、党の宣伝カーが県内を巡回しています。我が静岡総支部では10月の14日と31日に実施しました。14日は日曜日ということもあって、辻辻で街頭演説も実施しました。31日は岩崎・井上両市議が委員会視察ということでいなかったため、午前中はOBの岩ケ谷さん、午後は党員の杉本さんに応援をお願いしました。「公明党」の声を聞くと所々で、支援者の皆さんが飛び出してきて手を振ってくださいます。公明党ならではのことと感謝しております。次は8日の午前中です。皆さん、声援をよろしくお願いします。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
静岡県 前林孝一良
k_maebayashi@ybb.ne.jp