バックナンバー 2012年 8月

特定郵便局との交流を進めるため、今日(8月13日)、吉田町の住吉郵便局を訪問し、東遠地区の責任者である局長さんにご挨拶をさせていただきました。今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。13時のアポだったのですが、早く着きすぎてしまい、周辺をしばらく散策しました。住吉神社そして住吉小学校。小学校の正門の脇に、写真の通り、二宮金次郎の像が鎮座していました。以前にも議連の視察で天竜を訪問した時、廃校になった小学校の校庭に像を見つけて、ブログで紹介したことがありました。今のこどもたちに必要なのは「思いやりの心」「ひとの痛みの分かるやさしさ」でしょうね。ただそれを教える環境が整っていません。まずは親と教師でしょう。有徳の人を育てる、スローガンだけではいけません。道徳教育、着手しましょう!

宿泊したホテルマウントレースイはJR夕張駅に直結。さらにスキー場につながっているリゾートホテルでした。温泉もありましたが、飲酒後の入浴は怖いのでやめました。25日は6時40分に起床。朝食会場では中国語をしゃべる観光客が多くいました(台湾?)。予定を30分早めて、8時過ぎにホテル発。夕張と言えば、「幸せの黄色いハンカチ」。想い出広場をまず訪問しました。9時30分開場ということでしたが、1時間前に到着。おかげで500円もうかりました。ゴメンナサイ。高速を一路千歳へ。のはずが入口を間違えて、逆方向の帯広方面に侵入してしまいました。次のICで方向転換しましたが、時間と料金をロスしてしまいました。原因は開通したばかりで、カーナビが対応しなかったことです。10時ちょうどに千歳市防災学習交流センターに到着しました。岡山県のどこかの市議さんたちの視察が先に入っており、一般見学と同じ扱いということでしたが、コンパニオンの佐藤さん、親切に対応して下さいました。地震防災ばかりでなく、火災や航空機事故など、まさに市民の安全を守るための施設として整備されていました。煙からの避難、直下型の避難シューターなど体験させていただきました。昼食は新千歳空港。どのお店も高い。そば&焼き鳥丼¥1050也。15時25分羽田着。3日ぶりに蒸し暑い本土の夏を感じました。

道央道を下りて夕張に向かう途中、17時30分頃でしょうか。進行方向左側に大きな虹が姿を現しました。久しぶりの虹だったし、視察中に突然登場したことで、車内は盛り上がりました。諸天善神が歓迎してくださっていたのだと確信しています。

時期と場所の選択を誤ったと感じたのは朝食時間。夏休みに入っていたことと、ここは夏休みの家族旅行のメッカ、旭川だったこと。朝食会場はホテル2階に第2会場まで設けられていました。お客さんは3世代、みんな同じ目的地、旭山動物園に向かうのでしょう。午前中の訪問は日本製紙(株)北海道工場旭川事業所。富士市の大昭和製紙(株)が同社と合併したのは、9年前。製紙のプロセスを見学させていただいたのは初めての経験でした。また自家発電比率は80%を超えるとのことで、無駄のない事業展開に感心しました。12時過ぎに工場を出発、砂川市に向かいました。昼食はネットで調べた人気ラーメン屋「さつき屋」さん。辛味噌ラーメン大盛り¥750、本当に辛かった。14時から15時40分、市立病院見学。小さい市にしては立派な施設でした。砂川市は映画「お菓子放浪記エクレール」のロケ地。関連のお店を訪問させていただきました。砂川市出発は大幅に遅れ、宿泊地夕張に到着したのは、やはり19時。夕食は砂川市議の辻さんと夕張市議の高間さんも加わってくださいました。

7月23日(月)から25日(水)まで3日間、会派全員で北海道視察を実施しました。静岡駅出発(前林、高田、盛月)、新富士駅(早川)、三島駅(蓮池)経由で羽田空港に向かいました。本来ならば富士山静岡空港を使いたかったのですが、今回の視察の中心は旭川ということで、時間を有効に使うために、羽田発となりました。昼食は機内でカツサンド。到着時間は約10分遅れ。レンタカーで視察地の北海道立総合研究機構林産試験場に向かいましたが、約束の時間を15分遅れてしまいました。時間が詰まっていて、説明、見学、急がせてしまって大変申し訳ありませんでした。写真はまだ実用に至っていない北海道型木製ガードレール。カラマツの集成材を使用した製品で、見事でした。また、3Dターニングマシン(木工旋盤)もすぐれものでした。林産業の研究が着実に進められています。14時30分出発。剣淵町絵本の館へ。ここでは町長さん、議長さん、教育長さん以下勢ぞろいで歓迎してくれました。同町では、シネマとうほくによる「じんじん」の撮影が行われ、もうじき全国で上映されるようです。訪問は30分以上時間超過し、旭川のホテルに到着したのは19時を過ぎました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
静岡県 前林孝一良
k_maebayashi@ybb.ne.jp