バックナンバー 2012年 4月

4月14日、待望久しい新東名が開通しました。15時の一般開放に先立って、新富士IC近くで開通式が行われました。あいにくの雨でしたが、たくさんの関係者が招待されました。国会議員も多かったですね。「24年度開通」ということで、本来ならば来年の春でも「予定通り」ということだったわけですが、中日本高速道路(株)の努力で、約1年間前倒しで完成しました。川勝知事はまるで、自分が作り上げたように、喜びを全身で表現していました。開通式のあと、一般公開に先立って、専用バスで試走行。路肩の広さに驚きました。3車線目も可能な道路幅です。日本の技術の高さ(橋梁、トンネル)が十分に表現されています。2枚目の写真に映っているのは富士川です。反対方向は旧富士川町松野が見降ろせます。

4月10日、次女と沼津市の御用邸公園にお花見に出かけました。ウイークデイだけに、ほとんど行楽客はいませんでした。1枚目の写真は公園入り口付近で見かけた花桃。二枚目はいうまでもなく、桜です。日本人ですから、桜の花を見て本格的に春が来たと実感します。なお、昼食は蒲原駅前の「蒲原館」のラーメン。チキンスープのあっさり味で、私は県内で一番おいしいと思っています。未経験の方は、是非ご賞味ください。

4月6日午後は、母校長田西中学校の入学式です。ほんの2週間前に小学校を卒業したばかりの子供たちが、中学校の制服に身を固めて、緊張していました。小学校とはちがって、勉強も大変になりますが、勉強よりも大切なことがたくさんあります。心身ともに成長してください。上級生が校歌を歌ってくれました。わが後輩たち、がんばれ!

4月6日9時より、静岡市立長田北小学校の入学式が挙行されました。かわいい、ピッカピカの一年生が勢ぞろいしました。2枚目の写真は、教科書贈呈の場面です。これから始まる新生活、早く順応して、成長してください。

4月4日、駿河区グランシップ中ホールにおいて、記念式典が開催されました。今回の交流では、浙江省から夏宝龍省長をはじめとして500人を超える交流団が来県しました。これは一昨年、上海万博の折に、6000人を超える静岡県民が浙江省を訪問したことに対する返礼の意味もあります。この交流は、地方交流の模範として一昨年6月に本県に対して「対中友好都市交流協力賞」が授与されています。今年の秋には本県から浙江省に訪問団が派遣されることになっていますが、予定では、私も参加させていただけるようです。楽しみにしております。来賓として参加された程永華大使は(当然のことですが)中国語であいさつされました。2枚目の写真は、当日の夜に開催された歓迎レセプションですが、メインテーブルにはなんと、30年物の紹興酒が並べられていました。ちなみに私たちのテーブルには5年物の紹興酒でした。一杯だけ、ご相伴させていただきました。

静岡県がんセンターで過去6年間にわたり、費目の転用を繰り返す不正経理が行われていたことが、監査委員会のチェックで発覚しました。私的流用はなかったということですが、15年前の食糧費問題以降、公費の取り扱いについては再三、職員のコンプライアンスが問われてきたところです。県民からいただいている税金を軽く扱うことは許されません。3月30日、年度末のあわただしい中でしたが、あえて知事に申し入れをし、再発防止とコンプライアンス教育の徹底、病院・大学・研究機関での経理の再チェック等、要望いたしました

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
静岡県 前林孝一良
k_maebayashi@ybb.ne.jp