バックナンバー 2009年 7月

ホテル発8時20分。藤枝市郊外の地域住民交流施設見学のあと、バスは一路、南下して御前崎港へ。着実に整備が進められている港湾施設を見学しました。落雷のため機能が停止した風力発電施設はもう6か月もストップしたままだそうです。

午後は国道150号を西進、浜岡原子力発電所を左手に見ながら、浜松方面に進みました。町村合併で多くの懐かしい地名が埋もれてしまいました。福田(ふくで)なんて将来読めなくなるのでしょうか。

最近話題になっている海岸浸食の状況を視察するため、中田島砂丘のある遠州灘海浜公園近くを訪れました。浸食を防ぐため、かなりの量の土砂を運搬したにもかかわらず、浸食の勢いは衰えません。自然の力の大きさを実感しました。

本年度の委員会視察が1泊2日の日程で実施されました。10時20分、三島駅北口集合、出発。

午前中は、工事が進められている東駿河湾環状道路の工事の進捗状況を現地で視察しました。東名高速道路沼津ICを起点に大きく北から東を回って三島に入り、伊豆中央道につながる道路がまもなく完成しようとしています。まだ時間はかかりますが、伊豆縦貫道路が完成すれば、下田まで一気につながることになります。観光客の誘致にはかかせない重要な道路といえます。

三島市内で昼食を取った後、沼津港に向かいました。港を高潮から守る水門、「びゅうお」に初めて上りました。観光地としての沼津港が整備されていました。

東名高速道路を利用して清水ICへ。清水港に面した地にある静清浄化センターを訪れました。下水処理にいかに手間暇がかかるか、しっかり勉強させていただきました。下水料金が高いという声をよく聞きますが、ご理解ください。

本日の宿泊はホテルセンチュリー静岡。静岡市内に宿泊するのも一年に一度。恒例になりました。

本日投票が行われた県知事選挙は、残念ながら私たちが応援した候補がわずか1万数千票という僅差で民主系の候補に敗れてしまいました。本来であれば、大差をつけて勝って当然の選挙ですが、候補者の決定が遅れたこと、結果として自民党が一枚板になれなかったこと、さらに民主党の追い風ムードにあおられたことが敗因だったと思います。県議会では敗れた自民、公明合わせて46議席(定数74)を占めており、今後の混乱が予想されます。

国土交通省主催の防災訓練が三保で行われました。今回の訓練は大津波の到来を予想したもので、国、県、静岡市、警察、消防、自衛隊、日赤などすべての組織が参加して大規模に実施されました。知事選の投票日前日ということで議員の参加者は少数でしたが、立場上、訓練を見学させていただきました。横転した自動車に閉じ込められたドライバーを救出するという想定で行われた訓練を目の前で見ましたが、機材の進歩には驚きました。

 

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
静岡県 前林孝一良
k_maebayashi@ybb.ne.jp