バックナンバー 2007年 10月

西湖を視察しました。中国でも有数の観光地であり、また土曜日ということもあって、朝8時半だというのに、西湖周辺は人で一杯でした。さまざまな遊覧船が観光客を乗せていましたが、定員があるのかないのか、沈みそうな船も見受けられました。約1時間のクルーズで西湖遊覧を楽しませていただきました。

西湖のほとりにある中国茶葉博物館を訪問しました。西湖は最高級の龍井(ロンジン)茶の産地です。静岡県との友好提携もこのお茶の縁がきっかけです。博物館では中国茶の歴史を勉強するとともに、龍井茶を始めプーアール茶やジャスミン茶の飲み方を体験しました。プーアール茶は古ければ古いほど美味しくなるということを初めて知りました。売店もありましたが、日本人向けの非常に高価なものばかりで、買えませんでした。

杭州市人民大会堂で開催された式典に、静岡県民の一人として参加させていただきました。静岡県民1400人、折江省側300人計1700人が参加した大イベントでしたが、25年間の歴史の重み、そしてこれからの交流発展の期待を感じる式典でした。平成21年3月の静岡空港開港をきっかけとして両県・省の交流は加速度を増して進むことと確信します。写真は会場の人民大会堂

文教警察委員会の県外視察に北海道にやってきました。初日は北海道警察本部を訪問、交通安全対策についてお話を聞かせていただきました。交通事故死者ワーストワンを2年連続で返上した北海道でしたが、本年は1位の愛知県が大幅に死者を減少させたのに対して、昨年比で増加傾向が続き、この分ではまたワーストワンに返り咲きそうだということでした。特に夏から秋口の事故が多いようです。観光客の事故は少ないということが意外でした。

NPO法人タートルエイト主催の音楽祭に参加しました。まさに手作りのコンサートも五回目となりました。内容もだんだん充実して、また参加者も老若男女、層が膨らみました。今回のテーマは平和。21世紀をすべての生命が輝く共生の世界にしたいとの主催者の願いが伝わってきました。今日の参加者はきっと来年、友達をたくさん連れてきてくれると思います。ご苦労様でした。

徳川家康が大御所として駿府城に入城してから400年ということで、これを記念して駿府公園でフェスタが開催されました。静岡市では今年のメイン行事として宣伝していましたが、正直言って何をアピールしようとしたのか、よく分かりません。ただイベントをやって人集めをしようとしたのでしょうか。イベント効果はあったのでしょうか。疑問です。

静岡県立美術館講堂において、NPO法人静岡県オーケストラスクールの最初の演奏会が開催されました。本年6月に発足したばかりのスクールですが、老若男女50名ほどのメンバーで、立派に演奏ができました。上手か否かは問わず経験者がAグループ、初心者がBグループということで、中には楽器を持ってまだ数ヶ月という小学生もいました。大人の男性の姿が少ないのが残念でしたが、理事長で指導者の松本進先生(常葉学園大学教育学部准教授)の熱意と指導力でぞくぞくと後輩たちが集ってくると思います。私も手を挙げようかと思案中です。

安倍川河川敷で行なわれた、毎年恒例の長田北学区グランドゴルフ大会に参加しました。秋風の吹く絶好の天候の下での開催でした。久しぶりに12ホールを3ラウンド回りました。同じチームのメンバー3人が上手な方たちだったため、順調に進み、結局トータル104の結果に終わりました。バーディーも15個と近年まれにみる成績でした。ただ100名近くの参加者で、10位入賞ラインは80以下。私の成績では遠く及びません。お元気な高齢者の皆さんに、元気をもらった一日でした。

教育委員会関係の審議が行なわれました。副委員長は質問しない、という暗黙のルールがあるようですが、本年も構わずに3点質問しました。なかでも、司法書士や社会保険労務士など外部講師を呼んで講演や講座などを開く時に、謝礼等の必要経費を補助する制度の創設について、高校教育課長から前向きな答弁がありました。是非実現させたいと思います。

PTA会長として2回目の体育祭でした。開催予定の29日があいにくの雨天で、体育館で長縄跳びのみを実施、本日が本番となりました。明治以来100年間にわたって女子高だった城北高校に男子生徒が入学したのが2年前、1年生から3年生までが共学となって初めての体育祭となりました。ただ依然として女子生徒が全体の70%を占めており、女子高の雰囲気は残っているように思えました。全校生徒参加の城北ソーラン節は圧巻でした。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
静岡県 前林孝一良
k_maebayashi@ybb.ne.jp