バックナンバー 2007年 9月

JR静岡駅南口において、大口善徳衆議院議員を中心に街頭演説を実施しました。あいにくの雨模様でしたが、市議、県議、国会議員の連携プレイで元気一杯に公明党のアピールを行ないました。いつものことながら、支持者の皆さんの激励もいただくことができました。ありがとうございました。

静岡猛虎会総勢45名の皆さんとともに、阪神タイガースの応援に横浜まで出かけてきました。久しぶりの横浜スタジアムでしたが、曇り空で絶好の観戦日和で、盛り上がりました。4連敗を受けての大事な一戦。終始リードで試合は続きましたが、8回の裏に藤川が打たれ、4対5でまさかの敗戦。帰りのバスの中は静かでした。まだ可能性が断たれたわけではありません。にわかタイガースファンではありますが、最後まで応援を続けたいと思います。

本年も体育祭一週間前の本日、生徒、教職員そしてPTAの皆さんで、校内のクリーン作戦を実施しました。生徒100名、教職員約15名そして保護者は48名の参加と、昨年より多少パワーアップしての実施でした。わずか一時間の作業ですが、校内は見る見るうちにきれいになりました。私も家では草取りもしたことはありませんが、今日は立場上、しっかり汗を流しました。校長、2人の教頭もがんばってくださいました。本当にありがとうございました。来週はいよいよ体育祭です。

 

9月定例会が開催されました。今議会では谷県議が代表質問、新人の高田議員が初めての一般質問に立ちます。公明党の議員らしく誇りを持ってがんばってください。質問の内容は静岡県議会のホームページで録画を見ることができます。是非ごらんになってください。

また本日、第5回目の「政務調査費に関わる検討委員会」が開催されました。公明党県議団を代表して私が出席させていただいております。今回の委員会の大きな成果は、わが会派が最初から主張してきた、「1円以上の領収書添付」の方向で全会派が合意したということです。12月定例会に条例改正案が上程されることになります。

いよいよ視察です。旭川から移動し、岩見沢市にある社会福祉法人クビド・フェアを訪問しました。特別養護老人ホームから障害をもった方々が働く工場(授産所というよりは工場です!)、それに診療所まで備えた複合施設です。工場では企業から委託をうけて、さまざまなレベルの作業が行なわれていました。ここにいたるまでの関係者の皆さんのご努力に敬意を表したいと思います。

 午後は、小樽に移動して株式会社テクノを訪問しました。産業廃棄物のリサイクルを行なう機械の開発を行なっている会社です。一番のメインは使用済みの蛍光管を、ガラスとアルミそして水銀に分離する機械です。この機械を実際に使用している株式会社ホクセイ富士宮工場については以前、公明新聞で取り上げていただいたことがあります。この過程で再生されたガラスを使用した壁材をみせていただきましたが、軽くて丈夫な状態です。蛍光管のリサイクルが軌道に乗ることで、この壁材をはじめとして再生ガラスの研究開発が進むと思います。がんばっている企業の存在を頼もしく思いました。写真はホクセイで使用している機械のモデルになった原型だそうです。

本年度2回目の会派視察で北海道を訪れました。本日は日曜日ということもあって、午後、うわさの旭山動物園を訪問しました。まずは観光客の多さに驚きました。ざっと一周回って気がついたことは、動物たちが生き生きしているということでした。ペンギンもアザラシもヒグマものびのびと生活していました。檻の中に閉じ込められた動物たちというイメージを一新したアイデアはさすがだと思いました。現在は北海道観光のメッカとして観光客を集めていますが、タクシーの運転手さんの話では、観光客は通過するだけで宿泊してくれないため、地元の活性化にはつながっていないということでした。

耐震化対策特別委員会の視察に参加しました。11名の委員のうち3人が健康上の理由で欠席となり、少ない人数での視察となりました。昨日は愛知県庁で、そして本日は神戸市役所で住宅の耐震診断そして耐震補強工事の進捗の状況を聞かせていただきました。神戸ではさすがに阪神淡路大震災の被災地ということもあって、マンションの耐震診断がかなりのスピードで進んでいました。しかし耐震補強にまで進まないのは本県と同じ状況でした。神戸ですらそんな状況ですから、他の地域は言わずもがなです。しかし命を守るために必要な補強です。助成制度をもっとたくさんの方々に利用していただきたいと思います。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
静岡県 前林孝一良
k_maebayashi@ybb.ne.jp