バックナンバー 2006年 7月

 猛暑の中、長島ダムで開かれた、森と湖に親しむつどい「奥大井接岨(せっそ)湖フェスティバル」に参加してきました。我が家からひたすら北に山道を上ること、一時間。千頭は思ったより時間がかかりませんでした。ダムスクエアの名のもとに、緑地公園のように整備された長島ダムを初めて訪れました。何人かの同僚議員は昨夜、寸又峡温泉に宿泊したということでした。夏休み最初の休日だけあって、大井川鉄道のSLとトロッコ電車を乗り継いで会場に到着した親子連れも多くいました。夏の川根を満喫してください。

 約一ヶ月前から我が家に住むようになった2匹の家族を紹介します。右がプン、左がぺっぺ、名付け親は長女です。2年前に娘婿が捨てられていた子猫3匹のうち2匹を引き取って長女が育てていた2匹が我が家に引っ越してきました。初めて飼うペットで、最初はお互いに顔見知りをしましたが、最近では意気投合して楽しく暮らしています。

 第二日目。企業局の都田浄水場と静岡県文化芸術大学の視察でした。浄水場は去年の商工労働企業委員会に引き続いて2年連続の視察でした。文芸大は久しぶりの訪問でしたが、屋上緑化の成果に驚きました。まさに公園ですね。

 企画空港生活文化委員会の視察の第一日目。あいにくの雨模様でしたが、建設途中の富士山静岡空港と掛川城を訪問しました。空港開港まで課題は少なくありませんが、反対地権者の4名の方々のご理解をお願いしたいと思います。空港は静岡県の未来にとって重要な財産になります。静岡県の未来のために空港を育てましょう。

 掛川城。千代と一豊・掛川館を見ました。1日平均1000人の入場者だそうですが、NHKの収録で使用した衣装などの展示で500円は高いと思います。市長は鼻息が荒かったように感じましたが、いただけません。便乗の感はぬぐえません。掛川市の皆さん、水を差してごめんなさい。でも、掛川には大日本報徳社をはじめ、日本にアピールすべき財産がたくさんあります。自信を持って、がんばりましょう!

 

 長田地区6連合町内会の連絡協議会が各連合町内会役員と地域選出の全県議・市議出席のもと開催されました。各連合町内会長からはそれぞれの抱える重要課題について発言がありましたが、地域の議員としてしっかり取り組んでほしいという気持ちが強く込められた、どちらかというと皮肉をこめた発言が多く出ました。私が議員になるまでは、自民党議員しか呼ばれなかった会合でしたが、いまでは7人の議員のうち公明党議員は私と岩崎市議の2人になりました。長田地域に公明党ありといわれるような実績を積み上げたいと思います。

 8時より広野海岸公園の清掃作業に参加しました。党員さんの提案によるこのボランティア活動も5年目を迎えました。タバコの吸殻を拾いながら、ゴミを捨てないという気持ちを育てるためには、清掃ボランティアに参加することが一番だと感じました。公園を汚そうとしてポイ捨てをする人はありません。自分の捨てたのはたった一つのゴミかもしてませんが、そんな行為が積み重なることによって公園を汚してしまうのです。たった一つの小さなゴミすら絶対に捨てない、という気持ちを多くの人々が共有できれば、もっときれいな環境が作れるはずです。そのためにも、清掃ボランティアを運動として広げていきたいと思います。本日参加してくださったメンバーの皆さん、ありがとうございました。

 坂口副代表をお迎えして、県のもくせい会館を会場として議員研修会が開催されました。昨日に勝るとも劣らない猛暑の中ではありましたが、西は湖西市、東は下田市まで県下各地から60名を超える同志が集いました。坂口副代表からは、党の少子化対策プロジェクトについて詳しい説明をいただき、そのあと質疑に入りました。現場に即した質問が相次ぎ、副代表が帰りの時間すれすれまで、丁寧に答えていただきました。非常に貴重な研修会となりました。皆さん、お疲れ様でした。暑さの中、体調には十分留意してください、お互いに。

 7月23日の査閲大会を目指して、23分団の団員諸君が早朝訓練に励んでいます。今朝は4時に起きて、安倍川河川敷で実施された訓練を見学しました。夏とはいえ、4時はまだ薄明るい状態です。ただ昨日の暑さがうそのように、気持ちの良い風が吹いていました。今朝は23・24・25の3分団が合同で行進の練習から始まりました。みな眠い目をこすりながらの訓練でしたが、きびきびとした態度に感銘を受けました。23分団の団員も26名に減ってしまいました。若い団員の入団が望まれます。23日を目指してがんばってください。

 本日正午より、青葉イベント広場西側にて街頭演説を実施いたしました。36度を超すという猛暑の中ではありましたが、山本・馬居・岩ケ谷の市議3名、そして私、谷副代表の5人がマイクを持ちました。私からは公明党の実績として、この7月からこども救急電話相談がスタートしたこと、また7月2日からパスポートの日曜交付が始まったことの2点を報告させていただきました。立ち止まって聞いてくださった女性の存在が光りました。ありがとうございました。

 夏休み特別展「三好碩也 絵本の世界」のオープニングセレモニーにご招待いただき、富士美術館を訪問させていただきました。三好氏のお名前は知りませんでしたが、絵本に描かれたほのぼのとした世界は、本を通して何回も目にしたように記憶しています。子供たちの活字離れが危惧されています。子供たちは決して本が嫌いなのではなく、本との接点がだんだん少なくなってきているのが原因だと思います。本県では朝の10分間読書が定着しました。あとはどんな本を読むか、です。子供たちが「良書」に親しめるような環境づくりが必要です。

 年間100冊読破の中間報告。半年たった現在、68冊読み終えました。今年も記録達成はまちがいありません。最近はダニエル・スティール女史の小説にはまっています。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
静岡県 前林孝一良
k_maebayashi@ybb.ne.jp