menu
バックナンバー 2018年 2月

今日は、一般質問3日目。4名が行いました。終了後、明後日の本議会の総括質疑の打ち合わせ。原稿も、明日準備するようです。

帰ったら、市民相談のお電話。明日、伺うことに。最近、何となく多い市民相談。側溝のふた、防犯灯、害獣駆除、高齢者の見守りなどなど。

声をいただけることに、感謝しながら、明日も頑張ります!

女性視点の防災ブックが完成

公明新聞:2018年2月27日(火)付

女性の視点を生かした防災ブック「東京くらし防災」

女性の視点を生かした防災ブック「東京くらし防災」

普段できる対策を紹介
3月1日から都内で無料配布
東京都

東京都の新たな防災ブック「東京くらし防災」が、3月1日から都内で無料配布されます。冊子の概要と、党都本部女性局(松葉多美子局長=都議)の取り組みについて、党員の公恵さんと明子さんが友人の友美さんに語っています。冊子についての問い合わせは都のコールセンター(電)(03-6302-8641)まで。受付時間は午前10時から午後7時(土日祝は除く)。

公恵 女性の視点を生かした防災ブック「東京くらし防災」が完成し、3月1日から都内約9000カ所で配布されることになりました。

友美
 どんな内容かしら?

明子 3章の構成で、第1章「はじめよう、たすかる暮らし方」では、普段からできる災害の備えを紹介しているわ。例えば、重くて硬いものや割れやすいものは棚の下段、軽いものや落ちて当たっても痛くないものは上段に収納する、包丁などの調理器具を出しっぱなしにしないなどの工夫や、ごみ袋や新聞紙を使った簡易トイレの作り方、普段使っているものを常に少し多めに備える「日常備蓄」などを紹介しているわ。

友美
 すぐに実践できることは、やっていきたいわ。

公恵 第2章の「覚えておこう、発災時の基礎知識」では、エレベーターで揺れを感じたら、行き先階のボタンを全て押すなどの対処や、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や災害用伝言ダイヤル(171)などを使った安否確認の方法、デマを広げないなどSNSを使う際の注意点が分かります。

友美 慌てる前に事前に知っておかないといけないわね。

明子 第3章の「想定しよう、被災後の暮らし方」では、自宅で避難生活が送れるかどうかの判断基準や、カセットコンロと鍋を使い、ポリ袋でご飯を炊くなどの「節水料理」、避難所での体調管理や防犯、ペットとの過ごし方などが説明されているわ。

豊富なイラストで分かりやすく

イラストで分かりやすく説明友美 以前、東京都が作った「東京防災」の冊子とはどう違うの?

公恵 「東京くらし防災」は、女性有識者6人でつくる編集・検討委員会を中心に作成。女性の視点を生かし、日常生活で無理なくできる対策や、避難所での授乳、産前産後の母子が注意すべき症状、避難所に女性更衣室を設けた過去の事例なども掲載されています。

明子 イラストもふんだんに使われ、26歳の「わたし」、33歳の「お姉ちゃん」、62歳の「お母さん」の3人が、分かりやすく説明しているわ。

友美
 さっそく手に取りたいわ。どこでもらえるの?

公恵 都内の公共施設や郵便局、スーパーなどの民間事業者の協力店舗で無料配布されます。発行部数は100万部です。

明子 ところで、「東京くらし防災」には、音声コードも付いているのよ。

友美 音声コードって何かしら?

公恵 ページの左下に、四角い模様のようなものが印刷されています。これが音声コードです。専用の読み取り機や、スマートフォンの専用アプリ「Uni―Voice(ユニボイス)」でコードを読み取ると、内容が音声で読み上げられます。

明子 冊子の左下にある半円の切り込みは、視覚障がい者が触れることでコードの位置を把握してもらうためのものよ。

友美
 目の不自由な人にも配慮しているのね。

公恵 また、都が3月1日に配信するスマホアプリ「東京都防災アプリ」でも、冊子の内容が見られます。アプリでは、災害情報の配信や防災マップの閲覧などの機能もあります。

友美 ダウンロードしてみるわ。

都議会公明党が提案

党都女性局 フォーラムなどで意識啓発

防災の意識啓発を目的に開かれた党都女性局のフォーラム=17年2月26日公恵 今回の冊子配布は、公明党の提案が実ったものです。

友美 どんな取り組みをしてきたの?

明子
 都議会公明党は2016年12月、17年度の予算要望を小池百合子知事に行った際、女性視点の防災ブック作成を提言。昨年2月の定例会では、松葉局長が視覚障がい者らに配慮した音声コードの導入などを求めていたわ。

公恵
 また、党都女性局としても、17年2月から3月にかけて、「女性の視点をいかした防災対策」をテーマに都内各地でフォーラムや街頭演説会を実施。積極的に意識啓発を図ってきました。

友美 公明党の実現力はすごいわね。冊子が出たら友達にも紹介するわ。

今日は、一般質問を行いました。3つの質問は、それぞれ市民相談をきっかけに、生まれました。痴漢の被害のかた・赤ちゃんの紙オムツのごみ袋に悩むママさん・運転免許証を返納した方。

良い答弁もちょっと、もらえました。

 

IMG_3693 IMG_3694

今日は議会の昼食に、白岡市食生活改善推進員協議会の皆さんがお弁当を作ってくださいました。毎年、工夫された美味しいお弁当が、楽しみ。手作りの箸袋や、添えられた梅の小枝も、春がやってきたようです。

ボリュームもあって、本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。

IMG_3683

今日は、党勢拡大に歩きました。休日でしたが、お留守が少なく充実した一日になりました。

寒さが厳しい陽気。そして、市民相談を2件いただきました。

ひとつは、独居の高齢者の相談です。とても、切実な内容です。何とか、解決に向かうようになるといいです。

明日は一般質問1日目。隙間に担当課に、繋げていきたいと思います。

“夢ある農業”実現めざす

公明新聞:2018年2月24日(土)付

若手農業関係者と意見を交わす矢倉氏=23日 埼玉・吉川市

若手農業関係者と意見を交わす矢倉氏(左側中央)=23日 埼玉・吉川市

埼玉で若手関係者と懇談
矢倉氏

公明党の矢倉克夫参院議員は23日、埼玉県吉川市内で党吉川支部(支部長=五十嵐恵千子市議)が主催した農政懇談会に出席し、市農業青年会議所に所属する15人の若手関係者らと活発に意見を交わした。

参加者からは、高齢化などで農業従事者の減少が進む中、「農業経営の法人化による大規模化が必要」「生産性を高め“稼げる農業”の確立に向けた国の支援を」との声が出た。農業に特化した人材派遣の充実のほか「今が海外輸出を含めた販路拡大のチャンス」との意見も寄せられた。

矢倉氏は、IoT(モノのインターネット)などを活用した農業を進めていく考えを示し「現場の声をもとに、夢のある農業の実現をめざす」と語った。

今日は、県民向け講座「発達障害と感覚・運動~子どもの困難さを理解する~」へ。講師:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科  教授である岩永竜一郎氏の講演と質疑応答。小児医療センター内の発達障害総合支援センターにて。大勢の方がみえていました。岩永先生は、具体的な感覚・運動について様々な例を示しつつ、当事者への対処やかかわり方を、教えていただきました。

保育所や学校での、教育者の理解と、どんなこだわりなのか、何がつらいことなのかなどを、みんなで共有すること、なにより寄り添った支援が大事なことです。こうしたことで、当事者も周りの人たちも軽くなれるそうです。

また、専門的な療育を受けることも、大切です。多くの人に、機会が欲しいです。

 

IMG_3679

今日は、埼葛斎場組合の月例監査の日。春日部に向かう途中から、雨がみぞれに変わって、寒さが増しました。監査はスムーズに終了し、安堵。

その後は、新年度予算の会派代表質疑の準備。毎年行っていますが、予算全体に対して、色々な切り口で質問を考えます。これは、3月2日の本会議の中での質疑になります。なんとか、質問内容を記入する通告書を提出。これから、原稿を作っていきます。

IMG_3675

 

今日から3月議会。新年度予算が出ていますので、期間も長めです。

初日の今日は、議案の説明で丸一日、座りっぱなし。今回の一般質問は、27日の2番目になりました。

夕方は市民相談で、バタバタでしたが、お役に立てそうです。

IMG_3673

白岡市ファミリー・サポート・センターのファミサポだより「てつなぎ」が届きました。しばらく、何もお手伝いが出来ていません。ちょっと心苦しく拝見。このファミサポの存在を、もっともっと宣伝していくべきです。

必要とする方は、きっと今以上にいると思います。

IMG_3672

今日は、埼玉県のDV被害者支援初心者向け啓発講座へ。「DVの子どもへの影響と心のケア」と題して、NPO法人女性ネットSaya-Sayaの松本和子さんの講座を聞きました。

DVとは?子どもへの影響は?を中心に丁寧に解説。家庭の中で起こるDVは、外では気づきにくいので、身近な人が被害者や加害者の場合でも分かりません。

しかし、今日のような講座などで具体的な内容を知ることで、気づいたり寄り添った支援が少しでも、できるようになると思います。子どもの影響については、本当に胸が締め付けられるような、何とも言えないつらい気持ちになりました。

アンテナを立てて、少しでもキャッチが出来る人を増やすために、出来ることを模索していきたいと思います。

IMG_3670 IMG_3669

今日は、1年後に始まるブックスタート事業のための、ボランティア養成講座へ。講師は、三芳町立図書館長の代田知子さん。実践的なアドバイスを、たくさんしていただきました。

思わず、自分が子供に読み聞かせをしていた時に、聞きたかったです。IMG_3658

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
白岡市 菱沼あゆ美