menu
バックナンバー 2016年 2月

今日は、議会での一般質問一日目。7名が登壇しました。みっちり質疑する方が数名。で、初めて暗い時間までかかりました。

お昼は、毎年恒例の食生活改善推進員協議会さんの真心のお弁当。箸入れも手作りで、おいしくいただきました。メインは、タンドリーチキン!

そして、お手洗いにお雛様とお花が!元気をいただき、一日がんばれました。

明日は、自分が一般質問に立ちます。2番目なので、9時30分~10時くらいになると思います。ご都合の良い方は、お越しくださいませ。DSC_1665 DSC_1664

今日は、議会準備。そして、お通夜へ。

耳が不自由で、会話も不自由な方。一緒に住む妹さんご夫妻で面倒をみていました。お会いすると大きな目をニコニコさせて、表情が豊かな人でした。享年86歳。声は聞けないですが、家族に囲まれ、本当に幸せな人生であったと確信しています。

がん教育の普及必要

公明新聞:2016年2月28日(日)付

講演する伊佐氏=27日 都内

講演する伊佐氏=27日 都内

伊佐氏が講演 放射線腫瘍学会の大会で

公明党の伊佐進一衆院議員は27日、都内で開かれた放射線治療に関わる日本放射線腫瘍学会主催の学術大会に出席し、がん対策の必要性などについて講演した。

伊佐氏は、がん対策の一層の推進に向け、2007年から施行されている「がん対策基本法」について、公明党が成立を主導してきたことを報告。その上で、同法に基づく対策の柱として、公明党が主張してきた放射線治療の推進や緩和ケア充実などが反映されていると訴えた。

また、国民のがん検診受診率が欧米諸国と比べて低いことに触れ「がんに対する国民の理解はまだまだ進んでいない」と指摘。「検診受診率の向上に向けた切り札として、がん教育の普及が必要だ」と強調した。

今日は、いい天気でした。会合に参加。お昼に移動中、一緒に行った方がお赤飯のおにぎりを作ってきてくれました。手作りで、もち米も小豆もゴマも埼玉産。とっても、おいしいおにぎりでした。まさに、地産地消!

宇宙開発日本の信頼増す

公明新聞:2016年2月27日(土)付

油井さん(中央右)と和やかに懇談する山口代表(同左)ら=26日 衆院第2議員会館

油井さん(中央右)と和やかに懇談する山口代表(同左)ら=26日 衆院第2議員会館

ISSから帰還  油井さんが講演

国際宇宙ステーション(ISS)に5カ月間滞在し、昨年12月に帰還した宇宙飛行士・油井亀美也さんが26日、公明党文部科学部会(浮島智子部会長=衆院議員)などが衆院第2議員会館で開いた合同会議で講演するとともに、山口那津男代表らと和やかに懇談した。

講演で油井さんは、ISSへの補給物資打ち上げにロシアと米国が失敗する中、日本の無人補給機「こうのとり」の打ち上げが成功したことを紹介。さらに、ISSと「こうのとり」の結合任務では油井さんがロボットアームでキャッチし地上の通信担当を宇宙飛行士の若田光一さんが務めたことに触れ、「重要任務の要所を日本人が担当した。日本の宇宙技術への信頼が、さらに増している」と強調した。

また、油井さんはISSの国際連携で国同士が友好関係を築いていることから「ISSは平和の象徴だ。宇宙開発に政治の後押しをお願いしたい」と語った。

山口代表は「日本の宇宙技術が世界に存在感を示した。このバトンをつないでほしい」と激励した。

今日は、議会の会派代表で行う予算案の質問の準備。細かいことでは無く、大きいくくりで考えていきます。通告を出して、ほっとしました。原稿を作る作業がありますが・・・。

午後は、党員さんと地域を歩きました。見ると、桜がきれいに咲き始めていました。

DSC_1663

今朝は、雪が積もっていて驚きました。家の脇を見たら、猫の足跡が。いつも通る野良ネコのかも。

そして、いよいよ3月議会が始まりました!初日の今日は、42個もある議案の概要説明で、じっと聞いているばかり。議案書の文字や数字を追いかけながら、午後にはだんだん字が読みにくくなってきました。疲れ目はツラいです。

大事な予算審議がありますから、しっかりと取り組んでいきたいと思います。CIMG6873

今日は、市民相談の対応と、議会の準備など。明日から3月議会が始まります。

28年度予算案がメインの議会です。しっかり取り組みたいと思います。

個別事業「見える化」前進

公明新聞:2016年2月24日(水)付

個別事業の年間フルコストの例

個別事業の年間フルコストの例

竹谷さんの推進を受け政府
フルコスト(人件費、物品費など)初開示

公明党が一貫して訴えてきた財政の「見える化」が前進―。政府はこのほど、行政の透明性を高め、効率化を進める観点から、試行的に「個別事業のフルコスト情報の開示」を行った。従来、事業・業務が複数にわたる政策ごとのフルコスト情報の開示は行われてきたものの、個別事業単位での開示は今回が初めて。

今回の開示では、国会や裁判所、会計検査院、府省庁などの取り組みの中から、24の事業・業務を抽出。それぞれについて、直接かかる事業費のみならず、人件費や物品購入費などを含めた全体の「フルコスト」を把握した上で、「人口1人当たり」「利用者1人当たり」「業務1日当たり」といった「単位当たり」も算出して開示した。

例えば、法務省による刑務所・少年院の運営などの矯正業務について、フルコストが2766億300万円、収容者1人の1日当たりのコストが1万1734円に上るものと試算。また、外務省や在外公館などによる旅券(パスポート)関連業務では、フルコストが195億6500万円、1冊当たりのコストが6798円だとした。

「個別事業のフルコスト情報の開示」に関して公明党は、竹谷とし子参院議員が国会質問などで「税金を何にいくら使ってきたかを見える化すべき」と一貫して主張するとともに、財務大臣政務官在任中も開示の実現に取り組んできた。

竹谷さんは「これまでやってこなかった国の個別事業のフルコスト情報の開示で第一歩を踏み出すことができた。これを着実に広げて、税金の使い方について国民への説明責任を果たし、行政が自らムダのチェックと改善を進める仕組みを築きたい」と語っている。

今日は、25日から始まる3月議会の準備。そして、市民相談、地域の挨拶回りへ。小さな声を聞く力、と公明党の大事な姿勢です。まさに、色々な声をいただきました。

また、よくお話を聞いてみないと、どう困っていて、どうしていきたいのか・・・。じっくりが大切と実感です。

安心して働ける環境を

公明新聞:2016年2月22日(月)付

街頭アンケートで若者の声を聞く西田氏ら=21日 埼玉・越谷市

街頭アンケートで若者の声を聞く西田氏(中央)ら=21日 埼玉・越谷市

VOICE ACTION
「若者の声、国政に反映」
埼玉で西田氏

非正規労働の待遇を改善して!―。公明党青年委員会が政策アンケート「VOICE ACTION」を全国各地で展開する中、21日に埼玉県越谷市のJR南越谷駅前で行われた街頭調査には、公明党の西田まこと参院議員(参院選予定候補=埼玉選挙区)が駆け付け、協力する若者の声を受け止めた。

党青年委は昨年秋、全国で青年政治意識調査を展開。この中で特に要望が強かったものは、(1)非正規雇用の待遇改善や最低賃金1000円(時給)の実現(2)無料で使える公衆無線LANの充実(3)不妊治療の公費助成や幼児教育の無償化(4)婚活や新婚世帯の支援(5)月曜午前半休の促進など働き方・休み方改革―の5項目。「VOICE ACTION」では、5項目の中から、特に実現してほしい政策案一つを若い人に選んでもらう。回答結果は今夏の参院選の重点政策に反映させる。

この日の調査では、駅を利用する若者ら約100人から協力を得られた。このうち、最多となった回答は(1)(非正規雇用の待遇改善)で、次に(2)(公衆無線LANの充実)を求める声が多かった。(1)と回答した女性(24)は、「若い人が安心して働ける環境をつくってほしい」と期待の声を寄せた。このほか、(3)(不妊治療の公費助成や幼児教育の無償化)を選んだ女性(17)は「少子化なので子育て支援が大切」と語った。

マイクを握った西田氏は、「若い人の声を国政に反映させるため、全力を尽くす」と決意を述べた。

今日は、内閣府・文部科学省・厚生労働省主催の「子ども・子育て支援新制度フォーラム」へ。4件の先進地事例発表とパネルディスカッション。佐賀市、藤枝市、西宮市、上越市。私立幼稚園や保育の取組、子育てコンシェルジュなどの利用者支援の内容でした。

今度の白岡市3月議会でも、しっかり確認や要望をしていかないと・・・。

もっともっと、子育て支援に力を入れたいと思います!

DSC_1651

今日は、長年お世話になった方のお通夜がありました。謙虚にまじめにいつでも頑張っていた姿に、本当に色々教わりました。感謝のご祈念をさせていただきました。ありがとうございましたと、お声をかけました。お顔はしわもなく、きれいな色をして一層美人になっていました。さみしいです。
DSC_1650

今日は、午前中には公明党県本部でのIT研修会へ。苦手なスマホをもう少し使えるように・・・。とても、勉強にはなりました。あとは、実践。

午後は地域のご挨拶回り。雨も降って寒い寒いと言いながら。でも、お会いするとそんなのも吹っ飛んでしまいます。その中で、市民相談にも。これからの課題ともいうべきこと。しっかり対応したいと思います。

そして、夜は子どもの高校のPTA三送会。最初は3年間の役員を引き受けたけど・・・、出来るのかなと不安だらけ。でも、今日を迎えて、こういうかかわりやお母さん、先生方の中に入れていただいて感謝になりました。素敵なお花もいただいて、楽しい三送会。いい人たちと出会えて本当に、よかったです。CIMG6865

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
白岡市 菱沼あゆ美