menu
バックナンバー 2014年 5月

今日は、午前中は高校のPTAの広報でした。さすがに土曜日なので、参加者が少なくて・・・。

夜には、公明党白岡支部の支部会を行いました。こちらは、多くの党員さんに多くの参加をしていただきました。なんといっても、昨日の公明新聞紙上で来年の統一地方選挙の公認が発表になった中に権守幸男県会議員がありました。そして、今日のうちの支部会に来てもらいました!

こんなにタイムリーなことはなかなかありませんね。しっかり色々話をしていただきました。

今日は一日、家にこもって一般質問の原稿作りをしました。4つの質問のうち1つだけしかできず・・・。

なかなか進まなくて、がっかりです。

明日と明後日でなんとかしたいと思います。

今日は、6月5日から始まる6月議会のための議会運営委員会が行われました。ここで、議会や委員会の日程などが決定します。

この6月議会から来年度導入する議会ライブ中継のためのカメラ撮影が始まります。準備期間ですね。今日はその調整なども行いました。これは議場に来られない市民の皆さんに、インターネット中継をすることで、議会を見ていただくためです。

一般質問の原稿書きがちっとも出来ず、他の用事で時間が過ぎていきます。う~ん、頑張らないと。

過労死を防ぐ社会に

公明新聞:2014年5月29日(木)付

山口代表と懇談する家族の会のメンバー=15日 衆院第2議員会館

山口代表(中央)と懇談する家族の会のメンバー(右側)=15日 衆院第2議員会館

衆院通過した対策推進法案
公明、早期法制化を推進

「国の責務」を明記
精神障がいによる労災請求は10年で3倍

働き過ぎによって命を落とすことを防ぐため、実態調査の実施や効果的な対策を求めた「過労死等防止対策推進法案」が、27日の衆院本会議で全会一致で可決され、参院に送付された。同法案は、過労死対策を国の責務と位置付け、労働環境改善など具体的な防止策を充実させることが狙い。

仕事による過労で脳や心臓などの病気になり、2012年度に労働災害補償を請求した人は842人(うち死亡による請求は285人)に上った。また、ストレスやうつ病など精神障がいによる労災請求は1257人(うち自殺、自殺未遂による請求は169人)に上る【グラフ】。

特に精神障がいなどによる労災請求は、この10年で約3倍に増加。12年度に精神障がいで労災認定された475人の発症原因は、「仕事の内容や量の変化」(59人)が最も多く、「嫌がらせ、いじめ、暴行」(55人)「上司とのトラブル」(35人)などの対人関係を発症原因とするものも増えている。ほかにも「セクハラを受けた」(24人)ケースも増えている。

現在、国が把握している過労死、過労自殺は“氷山の一角”との指摘もあり、若者の使い捨てが疑われる、いわゆるブラック企業などを含めた実態調査を行い、実効性のある対策を講じることが急がれている。

このため、同法案には、過労死について国民に広く関心を持ってもらうため、毎年11月を「過労死等防止啓発月間」と定め、自治体や事業者の協力も得て、啓発に力を入れる方針を盛り込んだ。このほか、過労死の恐れのある人や家族への相談体制の整備、民間団体の活動への支援などが盛り込まれており、行政と民間が一体となって対策に取り組む。

公明党は、過労死や過労自殺について、「労災認定する事後的な救済も大事だが、防止対策も重要」との観点から、早期法制化を進めていた。今月15日に、公明党の山口那津男代表と懇談した、全国過労死を考える家族の会の寺西笑子代表は、「ようやく実効性のある法律案ができて、本当に公明党に感謝している。過労死、過労自殺の救済も大事だが、防止はもっと大事。法律が成立すれば、遺族が希望を持って前向きに生きることができる」と語っている。

今日は、一般質問のために南中学校の学校図書館の見学に行きました。

司書教諭の先生と教頭先生が付いていただき、説明をしてもらいました。ここ5年くらい前から、活用が出来るようになったそうで、その前は人の手が入らず・・・。もったいないことになっていたようです。

やはり、専任の司書さんが必要です。痛感しました。一般質問で、しっかり訴えたいと思います。

写真は、我が家のドクダミ。花はかわいいのですが、葉や茎がキツイ匂いです。雑草とも思ってせっせと刈っていましたが、花が終わったら、と思っています。

今日は、2回目の生涯学習施設建設検討委員会が行われました。白岡市のお財布事情を説明。そこで、借金をどのくらい出来るものなのか。建物の規模と金額の比較表などの資料を基に、検討。

なんだか、皆さんピンと来ない様子でした。私も、資料は読み分かったようですが、漠然としているような・・・。次回には、計画を作る会社が決まり、検討委員会に参加してきます。議会が始まるのですが、合間に、せっせと良い図書館を見て歩かねば。出来れば、視察のお願いをしたりしたいと思います。お金のことやコンセプトといったことも知らないといけません。

要は、勉強しないといけないし、白岡市にとって良い図書館とは?と、追求していかねばです。そうでないと、市民の待ち望んでいる人たちに申し訳がありません。課題だらけです。

今朝、イチゴを収穫しようと見てみたら、葉っぱに水の粒がかわいく並んでいました。名前があったように思うのですが・・・。思い出せず。

今日は、ほぼ一日高校の広報作業。なんとなく、他の役員さんとも馴染んできました。1学期の終わりに発行します。

今日はゴミゼロの日。でしたが、勉強会への参加のため、欠席しました。申し訳なかったです。

さて、勉強会は愛知県豊橋市で公明党の市会議員をされていた伊藤秀昭先輩の講座です。春日部で2回目の開催です。近隣の市町の議員11名が参加。懇談的に和やかに、時には厳しく講義をしてくださいました。

内容は、再生可能エネルギー・公会計革命・国民健康保険など。苦手な分野が多かったのですが、、市民の生まれてから墓場までのことを責任をもっていくわけだから、そういうことこそ勉強していくべき、と。ただの厳しさで無く、心底私たちのことを期待し・楽しみにしているのが伝わるのです。

これからは、何でも地産地消。分からないことは、そのままにしない。・・・今日のポイントです。偉大な先輩に感謝です。

今日は、公明党本部での地域包括ケアシステム推進本部第2回全体会へ参加してきました。北海道などの全国から、地方議員が参加。石井政調会長の挨拶で始まり、和光市・四日市市・泉南市の公明党議員がそれぞれの地域での取り組みを紹介。

和光市は、埼玉県では一番の取り組みです。「超高齢社会に対応する地域包括ケアシステム構築を念頭においた 和光市の介護保険事業計画策定について~マクロの政策とミクロのマネジメント~」というテーマで。前々市長からの思いが数年かけたこの仕組み造りになったとのこと。

四日市市は、「四日市市の地域医療への取り組み」。この前自治体フェアでの横須賀市を思い出させる取り組みでした。

泉南市は、「泉南市認知症ケア推進事業の取り組み」。あらゆる世代、地域の人々に認知症の方の見守りを推進。市としての見守り力の向上を図っていました。

どこも素晴らしい。

その後討議。様々な質問や要望が出ました。

白岡市も、これからの計画を作っていきますが、

しっかり自分の出来ることを考えていきたいと思います。

今日は、とても気持ちのいい天気でした。なので、自転車で動こう!と決めて、まず配りものをしつつ東小学校へ。学校図書館を見せていただくお願いをしていました。

東小は、市内でも一番新しい(と言っても20年前)学校。校舎もきれいで他とはちょっぴり違います。図書館は広くて机と椅子も1クラス分あり、カーペットを敷いてあるスペースもありました。業間休みと昼休みに鍵を開けて、図書委員会のメンバーが受付などやっています。ご配慮をいただいて、昼休みにお邪魔。高学年の図書委員さんたちが、せっせと貸し出し作業や、低学年の子たちに探している本を検索して相談にのっていたり。40名くらいの子ども達が来ていましたが、休む間もなく作業をしていました。とても活気があり、思わず私も交わりたくなりました。

次は菁莪小学校へ。ちょっと時間があったので、味彩センターで買い物。ソフトクリームは前から気になっていました。でも、なんだか終わっているような・・・。そばにいた従業員さんに声をかけると、閉めたんだけど、まだ機械を止めてないから作るわよと。バニラにいちごソース。ソースも手作りです。さわやかな味。おいしかったです。

そして、菁莪小へ。学校は古く生徒数も少ない学校です。図書館は、スペースはありましたが、古い本が多い印象。机と椅子は隣の教室が閲覧室になっていて、1クラスがゆうに入ります。本棚が古く、棚の移動が出来ない不便なものが。その現場現場で、課題は様々。

一般質問にしっかり活かしていきます。

今日は、他の会派の主催でしたが、お声をかけていただき「愛着を育てるネットワーク作り」というタイトルで、奥山クリニックの奥山先生による講演に参加しました。

以前から、発達障害の方たちのサポートをされていることは知っていましたが、話を聞き、驚きました。時間をかけて、勉強されながら、子ども達への支援を様々な形で行っておられました。

脳科学から、具体的な認知行動療法を駆使した事例を紹介して、課題を抱える子供たちを支えていることを教えていただきました。

行政が必要としている内容です。何とか、こういう理解を広げ、支えの網を張っていくためのお手伝いができたら・・・。と思いました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
白岡市 菱沼あゆ美