menu
バックナンバー 2013年 11月

今日は、東小学校の体育館で開催された市内の小中学校の美術展へ行ってきました。どれも力作ばかり。以前は自分の子どものを見に、よく行ました。

工作も様々な素材で、生き生きとした作品が並んでいました。プリンのカップとかボタンとか、いきなり使うから欲しいと言われてもいいように、なんでもかんでも取っておいたなと、懐かしく思い出しました。テーマは、あまり変わっていませんでしたね。

そのあと、チラシ配り。夜は、白岡支部の打ち合わせに。気温が低くて、ビックリです。

今日は一度外には出ましたが、ずっと家で一般質問と格闘。

ようやく、さっき一通りの原稿が出来ました。

パソコンと向き合っていたせいか、目がチカチカしています。

明日には仕上げたいと思います。

今日は12月議会の初日。議案はあまり多くはありませんでした。しっかり、取り組みたいと思います。

終了後、高木議員とともに、白岡市議会公明党として「平成26年度予算編成並びに施策に関する要望書」を、小島市長に提出させていただきました。

全部で98項目になりました。住民の福祉向上を中心に、よりよい仕事をしていただくため、要望も大切な行動です!

夕方、以前の職場の先輩たちと電話でやりとり。懐かしい声をききながら、それぞれ色々な出来事や病気と葛藤していて、来年は会いましょうと話しました。ひとつ楽しみができました。

急に冷たい風が吹いてきました。北風・・・、冬らしくなっていきそうですね。

今日は、午前中に配りものをしながら、市内を走りました(車ですよ)。すると、あっという間に2時間。買い物をして、午後からは雑務と明日からの議会の準備。ほぼ家にこもって、今もまだまだです。

さっき庭の隅にこんな花。よく見かけるのですが、よ~く見ると変わった形。すみれの仲間???

明日は初日です。

今日は、ほぼ一日中市役所であれやこれや。

午前中は一般質問の用意。

午後は、第3回生涯学習施設建設検討委員会へ。前回までは、15名の委員さんの座る位置がけっこう距離があったのですが、今日は委員長さんの配慮で、ぐっぐと縮まり、アットホームな感じで、皆さん活発に意見を出していただきました。私もつい、声を発し(過ぎた・・・ようです)、熱くなりました。

この前、いいなあと思っていた子どもの読書通帳・・・。この機械が1社のみで造っていて、今の市立図書館では扱っている会社ではなく、却下。残念です。ただ、担当の職員さんが導入をしようと試みていたのを伺って、うれしく思いました。通帳でなかったら、貸し出しレシートみたいなものをシール状にして、ノートなどに貼れるようにしたらどうかとか。考えていただいていました。

それから、市民相談の進み具合の確認など。帰りながら、ご報告によったり、買い物をしたり。

今日は、午前中に一般質問の準備で市役所に。そのあと、都内の助成就業支援センターで行われた、団地における孤立死防止の取り組みに関するシンポジウムに参加してきました。昨年から今年にかけて、都内の3つの大規模集合住宅団地で、孤立死防止の取り組みに関する調査研究事業が行われ、アンケートや聞き取り調査の結果を、これからの孤立死をどのようにして防いでいけるのかを問うものです。

基調報告として、明治大学社会学部教授の和気康太氏が講演。

また、調査報告として、㈱コモン計画研究所所長の相澤京美氏が講演。ここで、孤立死になるのではないかと不安を抱いている人は、普段地域や友人とコミュニケーションをとっている人たちとの調査結果が読み取れると。逆に、全く外部とのコミュニケーションを持たず、自治会にも所属しないような人は孤立死になるかもとの懸念を抱いていないと。これには、なるほどと思いました。外と接触しない人は悩んでいないということなのでしょう。どちらかというと、好んでそうしているわけなんですね。

団地の中のことですが、白岡でもマンションや団地がありますし、自治会ひとつひとつが抱える課題でもあります。

今日は、来年度の予算要望書を公明党白岡支部として提出する準備をしました。この時期に提出しないと、来年度予算に反映されなくなってしまいます。近いうちに、提出できるようにしていきます。

午後は、高校のPTA理事会に参加。本当は女性議員でのオレンジリボン(児童虐待撲滅)街頭があったのですが、大事な打ち合わせもあったので、PTAに出て良かったです。車検で車が無かったので、お天気もいいし自転車で。気持ちのよいサイクリング。

帰り道、梨畑の上に一番星が。空の色もきれいでした。

今日は、浦和で公明党埼玉県代表者会議が開催されました。いつもは、各市町村の代表ですが、今回は来年の結党50周年をうけて、県内の全議員が参加しました。全員集合ですと、迫力があるなぁと。

人事発表や、議案の承認など。また、来年の意義についての確認などがありました。大衆とともに、の立党精神を決して忘れず、自らの研鑽の努力で議員力をアップさせていこうと!しっかり受け止め決意も新たにしました。

今日は、今月28日から始まる12月議会のための、議会運営委員会が行われました。ここでは、12月議会の日程などを取り決めます。

菱沼は、今回一般質問を3問行います。12月2日(月)の4番目です。

内容は、

1.公共施設での防災・減災について

2.がん教育について

3.子育て支援について

です。

昼間にチラシ配りをして、久しぶりに歩きました。気持ちのいい天気。ただ、夜どっと疲労がでたのか、うたた寝を。気が付いたら、終電で帰る主人と娘の迎えの時間!あわてました・・・。

今日は、午前中は市民相で動きました。初めての内容で、勉強不足。福祉のことは特に分かっていません。

また、28日からはじまる12月議会に、請願を一件提出。無事に通るよう、説明をしっかりできないといけません。頑張らないと・・・。

難民支援強化へ協力

公明新聞:2013年11月21日(木)付

リンデンバウアーUNHCR駐日新代表と懇談する山口代表ら=20日 衆院第1議員会館

リンデンバウアーUNHCR駐日新代表(右端)と懇談する山口代表(左隣)ら=20日 衆院第1議員会館

UNHCR駐日新代表と懇談
山口代表ら

公明党の山口那津男代表は20日、衆院第1議員会館で、新しく国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日代表に就任したマイケル・リンデンバウアー駐日代表の表敬を受け、懇談した。遠山清彦党国際局長(衆院議員)、谷合正明同次長(参院議員)が同席した。

席上、山口代表は、湾岸戦争終結後に公明党の「湾岸問題現地調査団」の一員としてイランやヨルダンなどを訪れ、現地の難民キャンプを視察したエピソードを紹介。また、9月に訪米した際、国連の潘基文事務総長らと交わした「人間の安全保障」に関する議論に触れ、「共に地球上の難民問題の改善に努力していきたい」と語った。

リンデンバウアー駐日代表は、「難民支援は、公明党の議員のように実際の現場を訪れることが最も有効な結果につながる」と強調。その上で、日本における難民認定の拡充や、第三国定住による難民受け入れの抜本強化を求めた。

山口代表は、「支援の強化に努めたい」と応じた。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
白岡市 菱沼あゆ美