menu
バックナンバー 2012年 7月

今日は、議会広報の研修2日目。午前中3時間で、代表9町村の議会広報誌を、講師の方がクリニック=診断をしました。いろいろ他自治体の広報誌を見ると、勉強になります。表紙の写真、文章の構成、文字の配置・大きさ・デザインなど、ほぼ素人が作っていますから、プロの目で見ると、突っ込みどころばかりです。でも、褒めることも忘れず、3時間があっという間でした。

昨日も今日も、電車に乗りましたが、夏休みですね。親子やお孫さんとおじいちゃんとで、遊びにいくような様子が沢山見られました。明日と明後日で、新潟へ総務常任委員会の視察へ行ってきます。ので、明日はブログをお休みいたします。すみません。

今日は、朝の挨拶運動を新白岡駅で行いました。なんだかいつもと違う・・・、そうです学生さんが少ないのでした。白岡駅では感じなかったのですが。

その後、永田町の砂防会館での町村議会広報研修会へ。3時間3講師による、議会広報研修。最初の2名は、講演内容が分かり易く、ためになるものでした。

最後の人は、自分の仕事の紹介が長過ぎ。そこはほとんどいらない話で、周りの方たちも、あきれていました。

明日も、研修会2日目に参加してきます。

今日は、自分のチラシの訂正作業を終えて、篠津を配って歩きました。

夕方にして(日影が増えます)、区長さんや外で水撒きや畑の作業をしていた方々にお渡ししました。中には、対話がはずみご意見をいただいたり、公明党の話になったりした人もいました。

汗をかきつつ、歩かせていただくことの大切さを実感しました。

昨日の参議院の特別委員会での、西田議員の質問です。低所得者対策の軽減税率と中小企業を守るための内容を訴えています。

軽減税率の検討急げ

公明新聞:2012年7月28日付 

質問する西田氏=27日 参院一体改革特委質問する西田氏=27日 参院一体改革特委
低所得者増税負担軽く
価格転嫁促し 政府挙げ中小企業守れ
参院特委で西田氏
 

27日の参院社会保障と税の一体改革に関する特別委員会で公明党の西田実仁氏は、消費増税の低所得者対策として公明党が訴えてきた軽減税率の必要性と課題を挙げ、検討を急ぐよう求めた。 この中で西田氏は、軽減税率の必要性として、(1)消費者から見て分かりやすい(2)低所得者ほど負担が重い逆進性緩和への効果がある(3)国際的に食料品に対する消費税率は10%以下が標準―の3点を指摘。

 逆進性緩和への効果については、リーマン・ショック以降、低所得者のエンゲル係数(家計の消費支出に占める食料費の割合)が上昇している中、「食料品などに軽減税率をかけると低所得者ほど消費税の負担軽減率が大きくなる」と訴えた。

 軽減税率の課題として西田氏は、(1)税収減(2)対象品目の線引き(3)中小事業者の事務負担増―を挙げた。

 このうち、税収減への対応では「(消費税の)捕捉率を高めることで税収減をカバーすることは考えられないか」と指摘。中小企業の事務負担増に対しては、事務のIT(情報技術)化を促す「商工会等記帳機械化等オンライン化推進事業基金」の復活などで「中小事業者の負担増に対応することを考えたらどうか」と提案した。

 このほか、政府内に軽減税率の導入を検討するチームを設置することも要望した。

一方、西田氏は「(下請け)中小事業者が消費税の引き上げ分をかぶらないよう政府を挙げて(発注元への価格)転嫁ができるように取り組む宣言をせよ」と主張。野田佳彦首相は「前回の引き上げ時以上にしっかりとした転嫁対策をやらなければいけない。政府を挙げて取り組んでいきたい」と答弁した。

 さらに、西田氏は中小企業が消費税として納めるべき資金を運転資金に回してしまう実態を受け、「納める額が少なくても、希望すれば、毎月納税できる仕組みの検討を」と主張。また、消費税の延滞税が高いとの意見を踏まえ、「年末の税制改正で引き下げを議論すべきだ」と訴えた。

今日も猛暑でした。午前中は、商店街を党勢拡大に歩きました。汗をかきかきでした。そのあと、若いお母さんからの公園に対する要望があり、内容を聞きにいきました。

午後は、久喜市の地域支え合いの仕組み「くき元気サービス」の協力会員のための研修会にお邪魔させていただきました。テーマが個人情報についてで、クイズなどで分かり易く勉強できました。終了後、情報交換会で様々な意見や要望が出て、これも大変参考になりました。お世話になりました。

帰りに、要望のお返事をしに1件寄りました。

今日は、町議会の臨時議会。そして、全員協議会。午後から、県の職員からの小児医療センター移転の説明会。その後、議会活性化の会。すべて終えて、8月4日の白岡まつりで行う東日本被災地支援のお店のことで、要望者に最終確認。白岡まつりで私も、ボランティアを行います。

今日の本会議で、町長の行政報告に「ふれあい収集」がありました。これは、65歳以上の1人暮らしの方・障がいのある方の世帯など、高齢や障がいが理由で、ゴミをゴミ集積所に持っていくのが困難で、身近な人の協力の得られない方に、職員が週に1回訪問し、ごみを出すものです。見守りの効果もあり、ゴミの量や、ゴミがないときなどの変化から、その人の生活状況を見守れます。9月から申し込みが始まり、開始は10月1日から。

とてもよい、仕組みです。私の近所にも集積所が距離もあり、ゴミを出せない高齢者がいました。声を掛けようと思います。

今日は、午前中に女性党員さん達と打ち合わせを行いました。女性ならではの、今後の党員として出来ることを検討していこうと。私がお手伝いさせていただき、お役にたっていきたいと思います。

午後は、子どもの用事であちこち動きました。

夜は党勢拡大の打ち合わせ。それにしても、今日は蒸し暑くて、つらかったです。

今日は、朝の駅挨拶を白岡駅西口で行いました。久しぶりの西口です。それから、午前は党勢拡大に歩きました。

午後は、千葉県の鎌ヶ谷市で行われた健康セミナー「脳脊髄液減少症を理解しよう」に参加しました。                                             

脳脊髄液減少症については、まだまだ知られていない病気です。これは、交通事故などで頭部や全身を強打することで髄液が漏れて減少し、頭痛、倦怠感といったさまざまな症状を引き起こす疾病です。私も、全くと言っていいくらい、知りませんでした。

公明党の古屋範子衆院議員が、支援の会の方々と数年間国に訴えて行動をされてきました。そして、ブラッドパッチ治療法(硬膜外自家血注入法)がありますが、2012年5月に、先進医療として認められ、保険適用に近づきました。

セミナーでは、この病気の経験者の体験談2題と、、講演として東京山王病院 脳神経外科副部長の高橋浩一先生が分かり易く説明をしてくださいました。子ども達の体育や部活でも起こりえます。地域の教育関係者も大勢みえていました。

誰にでも起こりうる病気であることを考えると、小さな自治体でもまず出来ることから行動を起こすべきと思いました。

夜は議員の会合へ。8月の活動の打ち出しがありました。

  

今日は午前中役場で打ち合わせ。すると、1階で白岡市誕生の10月1日までの、カウントダウン表示板が設置され、なしべえ&なしりんが子どもたちといました。これは!と撮りました。だんだん、雰囲気づくりが整ってきました。住民の皆さんが、お祝いムードになっていただけると、いいです。                                

さて、午後は公明党の女性議員の会合へ。先輩方の話は勉強になります。地域で色々議会の状況が違い、それぞれ課題があるのだなぁと思いました。

明日は、朝の駅挨拶をします。本当は毎週月曜日ですが、訳ありで・・・、明日。一日多忙なので、てきぱきしたいと思います。

それから、昨日このブログのアクセス総数が5万を超えました。ご覧になっていただき、深く感謝いたします。ブログと共に、菱沼も成長できるよう心してまいります。ありがとうございます。

今日は、またまた涼しい日で、アイロン掛けも苦にならず、助かりました。子どもは夏休み。普段とあまり違うリズムにならないよう、気を付けたいと思います。お弁当2つ作るのは、変わりませんが。

夕方に会合に参加。これからの活動の確認です。やはり、対話が大切です。終わって、一件の市民相談をいただきました。明日、現場を見て、繋げていきます!

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
白岡市 菱沼あゆ美